宮城の名物、笹かまぼこ
笹かまぼこ
仙台名産 笹かまぼこ
Home > 宮城の名物
阿部かまぼこ
仙台市青葉区中央2丁目3番18号

名称:焼き抜きかまぼこ
原材料:魚肉、卵白、馬鈴薯でん粉、砂糖、食塩、清酒、米発行調味料、水あめ、ブドウ糖果糖液糖、はちみつ、かつおぶしエキス、pH調整剤、調味料、ソルビット、ビタミンC

賞味期限:約1週間(要冷蔵)

笹かまぼこ

(宮城)

 仙台のお土産といえば、主にお菓子を思い浮かべるのだが、もう一つの名物「笹かまぼこ」も忘れてはいけない。普通のかまぼこは、普段はあまり食べることが無いのだが、「笹かまぼこ」は仙台では普通にスーパーで売られていて、地元の皆さんにも愛されている日常食品なのである。

 笹かまぼこの中でも、できたてホヤホヤが特に旨い。あるスーパーでは「今朝作りました」とのうたい文句で売られていたりする。

 笹かまぼこは、近海で大量に獲れた吉次やヒラメを無駄にしないために、すり身にし手のひら型にして売り出したのが、始まりといわれる。最近では吉次もヒラメも高級魚となったため、他の魚を混ぜて作られることが多いようだ。どの「笹かまぼこ」も旨いのだが、元祖は「阿部かまぼこ」で、高級とされるのが石巻の「白謙(しらけん)」なのである。


 表面の焦げ目が、ますます食欲をそそるね。そのまま食べても、まぁまぁイケルのだが、醤油をちょっとつけるとこりゃ旨い。あまりつけ過ぎるとショッパイ(あたりまえ)。ほんの少しつけるのが、みそなのだ。わさびを乗せるともっと旨いよ。‥日本酒に合いそうだが、今日はやめておこう。
©名物に旨いものあり 2004-13