鹿児島の名物、さつま揚げ
さつま揚げ
串木野名産 勘場の蒲鉾つけあげ
Home > 鹿児島の名物
勘場蒲鉾店
鹿児島県いちき串木野市西薩町17-25

名称:魚肉練製品
原材料:魚肉(たら・えそ)、海洋深層水、卵、でん粉(小麦・馬鈴薯)、食塩、ぶどう糖、発酵調味料、調味料(アミノ酸)、保存料(ソルビン酸・しらこたん白)、PH調整剤、合成着色料(青色1号・赤色106号)

でん粉含有率:5%

賞味期限:約1週間

保存方法:1℃~10℃で保存、「つけあげ」は冷凍庫で保存できるが早めに食べること

さつま揚げ

(鹿児島)

 薩摩揚げ(さつまあげ)といえば、おでんのタネ、煮物の具として身近にあるもの。そんな薩摩揚げは、名前の通り鹿児島県の薩摩地方が発祥で、地元では家庭でもよく作られ、また多くの有名店などでも製造され、常に薩摩の家庭の冷蔵庫に入っている、常備品なのである。

 ちなみに、関東・東北地方で「薩摩揚げ」と呼ばれるこの「揚げかまぼこ」は、中部地方や広島県などでは「はんぺん」、西日本や北海道などでは「天ぷら」、地元の鹿児島では「つきあげ」と呼ばれるそうな。


 まあ見たところ、いつもの薩摩揚げである。何もつけずにそのまま食べてみると、おう、うまいうまい。たぶん、スーパーのと比べると格段に旨いのだと思われるが、今は普通に旨し。次にワサビ醤油で食べてみると、うーん、最高に旨い。これを煮物に入れてしまうのは、もったいない気がするね。

 食べているうちに、だんだん気付いてきたのは、(この薩摩揚げ特有かも知れないが)甘味料系の甘味があるのである。それと揚げ油が、天ぷらやから揚げのようなギトギト感が無くサッパリサラサラで、油なんて忘れてしまいそうな感じなんだよね。

p.s.
 後日、煮物にしてみたら、ふっくらフワフワで、スーパーのと全然違って驚いた。厚みも違うし、なんか原材料の魚の量が違うような気がするね。

メモ)
 ちなみに鹿児島では醤油も甘いそうで、それが原料とか製造方法を駆使して甘くする訳ではなく、後から甘味料を加えて甘くするらしい。原材料名におもいっきり「砂糖・サッカリン・甘草・ステビア」などと書かれてあるんだとか。
©名物に旨いものあり 2010-14