京都の名物、千寿せんべい
千寿せんべい
千寿せんべい
Home > 京都の名物
(株)鼓月
京都府京都市中京区西ノ京内畑町3

名称:菓子
名称:千寿せんべい
原材料:小麦粉、砂糖、ショートニング(大豆を含む)、バター、卵、でんぷん、全粉乳、白いんげん豆、ココア、膨張剤、香料、乳化剤

賞味期限:約1ヶ月半だった

千寿せんべい

(京都)

 京都土産の定番かと思いきや、全国の有名デパートでも売っていたりする鼓月の千寿せんべい。「せんべい」という名ではあるが、ヴァッフェル生地(*1)でシュガークリームを挟んだお菓子なのだとか。ふ~む、やはり見た目通りでよいのだね。それにしても、ワッフルを「ヴァッフェル」と言ったり、「せんべい」と言ったり、ややこしさ2倍どすな。

*1) Waffel(ヴァッフェル)とはドイツ語でワッフルの意味。


 袋を開けると、チーズケーキのような甘い香り。中には上品に紙座布団にちょこんと乗った、波型二層のせんべいが一つ。よく見ると波間を飛び交う、鶴の影もあり。かじってみるとポリポリと音がして、クッキー程の硬さがあり、なるほどこれは「せんべい」と言いたくなるフィーリングなのである。挟んだ白いクリームは砂糖ミルクの風味じゃよ。気が付くと、せんべいは口の中で蒸発するように、はかなく溶けて消えていった。

 どこにでもあるような、どこにも無いような‥。無理して似た感触のお菓子を連想すると、お子ちゃまが食べる「たまごボーロ」が浮かんできた。我が家の女性陣には好評なのさ。
©名物に旨いものあり 2012-14