名物に旨いものあり

白玉饅頭 を実食
白玉饅頭
白玉饅頭
Home > 佐賀の名物
/ クチコミ
元祖 吉野屋
佐賀県佐賀市大和町大字梅野173

名称:和生菓子
品名:白玉饅頭、焦がし白玉饅頭
原材料:米、小豆、砂糖、食塩

保存方法:-18℃以下にて保管
賞味期限:約2ヶ月(解凍後はその日のみ)

白玉饅頭

(佐賀)

 佐賀県の観光地、川上峡には「白玉饅頭」なる名物があると聞いた。それはなんでも”うるち米”ベースの饅頭で、明治15年創業当時の味をそのまま伝えるという逸品。で、見た目が餅であるその饅頭は、もち米を使わず、”うるち米”(普通のご飯)だけで作るとな~。む~、見た目餅だが、本当に餅ではないのかな~。

 ちなみに、地元にある「吉野屋」、「池の家」、「ときわ家」の3軒の有名店が、互いに”元祖”だとか”本家”だとか名乗っているそうで、とってもややこしいのである。ん~、大人って‥。

 実はこの「白玉饅頭」は、生菓子のため賞味期限がたったの1日。でも心配なかれ、冷凍にてお取り寄せできるのじゃよ。


 さて、ヤツを袋から出して解凍してみると‥。そのピンポン玉大で平べったい白玉饅頭は「焦がし」と「ノーマル」の2種があり、最初に「焦がし」を食べてみると、おや、やっぱり餅ではないか~、これ。中がこしあんで、おこげが香ばしい。うむ、これは旨い。名物として君臨すること間違いなし。まあ、簡単に言うと、おやきの一種かな~。で、ノーマルの方は、上品な白玉だんごの風味じゃな~。

 と、昼食後に5コも食べてしまったのでござるが、何か物足りない感じも‥。んー、それほど軽くて。いや、ベツバラ・チックで。

 添付説明のお勧めにあったように、自然解凍と、蒸しの2種類を食べてみたが、簡単な自然解凍の方で十分おいしかった。面倒な蒸し物にするよりも、むしろこちらの方がよろしいかと‥。
©名物に旨いものあり 2014-18rw
投稿へ

白玉饅頭(佐賀)




コメント

佐賀の食材詰め合わせた弁当「佐賀弁」開発 連携増やし、シリーズ化目指す

 和食店時代に弁当を作った時の経験から、「冷めてもおいしい」佐賀の食材を県内の店やメーカーに相次いで協力依頼。同店の「黒毛和牛ハンバーグ」「黒毛和牛メンチカツ」に加え、「さがびより」ご飯に佐賀市漁村女性の会の「うまかのり梅(ばい)」、「ありたどり」(西松浦郡有田町立部)の西京みそ焼き、牛津蒲鉾(かまぼこ)(小城市牛津町勝前満江)の「かまぼこ」「いかしゅうまい」、「元祖吉野屋」の白玉まんじゅうを盛り付け、わずか3カ月で第1弾を完成させた。

http://saga.keizai.biz/headline/95/

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月21日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。