東京の名物、花椿ビスケット
花椿ビスケット
花椿ビスケット金缶
Home > 東京の名物
/ クチコミ
資生堂パーラー
東京都中央区銀座八丁目8番3号

品名:花椿ビスケット金缶
名称:焼菓子
原材料:小麦粉、砂糖、マーガリン、コンパウンドバター、鶏卵、食塩、膨張剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

賞味期限:常温にて製造より90日

白缶、金缶(2倍入り)、黒缶(手焼き/限定商品)がある

花椿ビスケット

(東京)

 東京銀座の資生堂パーラーは、100年以上つづく歴史のあるパーラー(喫茶・飲食のお店)なのである。そのパーラーが最初に作ったお菓子、昭和初期から続くロングセラーの「花椿ビスケット」は、今も変らず人気の名物ビスケットであり続ける。

 ‥「昭和初期から」ということは、あの戦火(WWⅡ)も通り抜けてきたということなのか。ちなみに資生堂パーラーは資生堂(化粧品)の子会社であるのだね。


 八角形の金缶を開けてみると、見事なあの資生堂マークがいっぱいだ。一つ手に取り匂いをかいでみると、おう、あの甘いクッキーの良い香り。目をつむると思わず引き込まれ、その花園にたたずんでしまう。ふと我に返り、口に放り込むと、サクサクサクと軽快な足取りで、シンプル風味の大人のクッキーがすり寄ってきた。

 えーと、よく見ると表面がテカテカで甘い何かが塗ってあるようだね。大きさはピンポン玉くらいで、厚さが結構ある形。一度食べ始めると、なかなか止められない。これは昭和初期というよりも、時代(現在)の先端を行く感じでもある。うん、おいしい。

 ‥時節柄(食べたその時がそうだった)、ホワイトデーには、もってこいだね。
©名物に旨いものあり 2011-14