高知の名物、四万十川のり
四万十川海苔
四万十川のり
Home > 高知の名物
島の香(株)
香川県小豆郡内海町苗羽甲182

名称:のりのつくだに
原材料名:のり(四万十川産50%)、醤油、砂糖、蜂蜜、水飴、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(タマリンド)、着色料(紅花黄、くちなし)、寒天、酸味料、(原材料の一部に小麦粉を含む)
四万十川のり (高知)

 高知に行くと、四万十川のノリ(海苔)というものが売っていた。でも、四万十川って川だよね。川ってノリが採れるんだなーと、あらためて思ったのである。でも、他の大きな川では聞いたこと無いなー。四万十川は最後の清流と言われているので、きれいな川だから、食べられるノリが採れるのだろうか。

 蛇足だが、高知を旅した時、おみやげ屋さんにこの’四万十川のり’と、鰹節が丸ごとゴロゴロと並べられ売られていた記憶がよみがえった。(余談は続くが)その片隅には削り器(カンナ)も売っていたのだよね。


 あ~、久しぶりに食べるなー。ご飯にかけて(つけて)食べるとうまいねぇー、やっぱり。よく売っている(安い)岩のりは醤油っぽい(赤黒い)色をしているが、これは海苔の色というか、黒っぽい緑がかった色なんだよね。海苔だけでご飯がすすみ、他のおかずが残ってしまいそうだ。塩辛さもあるが、甘味がある感じかなー。こりゃうまいぜよ。

 ‥でも、この海苔は何故か、「Made in 小豆島」なのであった。佃煮屋さんは、醤油産地の小豆島に多いのかな?。
©名物に旨いものあり 2004-14