名物に旨いものあり

四万十川のり を実食
四万十川海苔
四万十川のり
Home > 高知の名物
/ クチコミ
島の香(株)
香川県小豆郡内海町苗羽甲182

名称:のりのつくだに
原材料名:のり(四万十川産50%)、醤油、砂糖、蜂蜜、水飴、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(タマリンド)、着色料(紅花黄、くちなし)、寒天、酸味料、(原材料の一部に小麦粉を含む)

四万十川のり

(高知)

 ある日、仕事の出張で高知に出かけていったところ、空港のお土産屋さんで、四万十川のノリ(海苔)というものが売られているのを見かけた。あれ~、四万十川って川だよね~。川ってノリが採れるんだな~と、あらためて思ったのである。でも、他の大きな川では聞いたことがない。んー、四万十川は最後の清流と言われるキレイな川だから、食べられるノリが採れるのだろうか。

 蛇足だが、高知を旅した時の光景で、お土産屋さんにこの「四万十川のり」と、鰹節が丸ごとゴロゴロと並べられていて‥。余談は続くが、その脇にはセットであるかのように削り器(カンナ)も売られていたのだよね~。


 あ~、久しぶりに食べるな~。ご飯にかけて食べると、うまいね~、やっぱり。スーパー等でよく売られている安い岩のりは醤油っぽい(赤黒い)色をしているが、これは海苔の色というか、黒っぽい緑がかった色をしているぞ~。で、海苔だけでご飯がすすみ、他のおかずが残ってしまいそう。と、塩辛さもあるが、甘味がある感じかな~。

 ‥え、なぬ~、この海苔は何故か「Made in 小豆島」なのであった。佃煮屋さんは、醤油産地の小豆島に多いのかな~?
©名物に旨いものあり 2004-18rw
投稿へ

四万十川のり(高知)




コメント

天然スジアオノリ漁 やっとスタート

 高知県四万十市の四万十川河口で18日、特産・天然スジアオノリ漁が始まった。

 昨年より約1か月遅く、まだ一部だが、四万十川下流漁協の組合員らは、やっと採取できるようになり、胸をなで下ろしている。

 この日は、干潮前の朝、同市山路の本流と、支流・中筋川、深木川など汽水域の浅瀬で、防寒服姿の組合員らが、先にカギが付いた棒で川底を探り、小舟からも採った。組合員らは「まだ本格的ではないが、ここ2、3日の強い寒波で伸びた」と笑顔。河川敷では天日乾燥する20~40センチの黄緑色のアオノリが、のれんのように揺れた。

 沖階吉組合長は「水温が10度前後まで下がり、栄養分のある雪解け水が流れ込んだことも大きい。山路では、年末に機械で川底をかくはんした効果もあったと思う」と分析する。しかし、収穫が1か月もずれ込んだことで、今季の収量は平年(10~15トン)より減るとみている。

 四万十川のスジアオノリは、天然物では全国出荷量の約9割を占める。風味に定評があり、お好み焼きのふりかけや、あぶって酒のつまみなどに重宝される。収穫は3月まで。

(投稿者 カムラオ さん / 2011年01月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。