富山の名物、黒作り塩辛
黒作りイカの塩辛
幸寿し謹製 イカ黒作り塩辛
Home > 富山の名物
(株)能登前・幸寿し(じんきち)
石川県鳳珠郡穴水町大町チ-37-4

品名:イカ黒作り(塩辛)
原材料:能登産スルメイカ、能登天然塩

保存方法:冷蔵、冷凍
賞味期限:商品到着開封後、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月
黒作り・イカの塩辛 (富山)

 富山や能登半島で食される名物塩辛「黒作り」。それは想像通りにイカ墨の入った、真っ黒な”イカの塩辛”なのである。「黒作り」は北前船の時代(江戸~明治)からあるそうなので、今ある富山ブラック(ラーメン)や富山黒(米)など、くろ、クロ、黒、にこだわる原点が、ここにあったに違いない。

 それと、普通の塩辛は「赤作り」、麹を使って発酵させたものを「白作り」といい、食べ分けられているそうな。いや~、いろいろとあるものなんですね~、塩辛って。


 ふたを開けてみると、一瞬ぷわ~んと覚えて久しい匂いが‥。イヤヤ、これはカニミソの匂いではないか?。いやほら、どちらも同じ形態の海の幸、似ていても仕方ないのだ(と思い込む)。食べてみると、おう?、こりゃやっぱり塩辛に間違いない。初め、まろやかに感じた塩辛も、次第にしょっぱくなり、お酒がすすむのである。ご飯だと上品な味わいで、塩辛さは少なく感じ、パクパクと‥。

 白い皿に移してみると、真っ黒ではなくてチョコレート色であるかな~。よく味わってみると、うたい文句通り、確かに生臭さが感じないのであった。

メモ)
 以前、”函館のイカの塩辛”の記事を書いたときに、「なぜか旅館の塩辛が旨い」と述べたのであるが、その後も何度か旅館でイカの塩辛を食べ、そしてそれが、どの旅館のイカの塩辛も旨かったのである。
 イカの塩辛は、瓶詰めで売られている物が本物だと思っていたが、実際、イカの塩辛は料理であり、塩を多く入れ保存期間を長くした瓶詰めは、本来の塩辛と違う、という結論に至った。真実はイカに~。
©名物に旨いものあり 2011-14