名物に旨いものあり

塩味饅頭

塩味饅頭
赤穂名産 元祖 塩味饅頭
Home > 兵庫の名物
/ クチコミ
播磨屋
兵庫県赤穂市尾崎222

名称:生菓子
品名:塩味饅頭
原材料:砂糖、小豆、もち米、水飴、食塩

塩味饅頭

(兵庫)

 兵庫県赤穂市といえば塩の町。瀬戸内海の海水から作られる塩は、古来より「赤穂の塩」として全国にも名を馳せた。そんな赤穂に昔からあったこの塩味饅頭(しおみまんじゅう)は、赤穂ならではの逸品なのである。名前と画像を見ると、饅頭の外側の白い部分が塩なんじゃないかと思ってしまうけど、はたしでそれはどうか。むふふ、ちょっとワクワク‥。

メモ)
 後日、「伯方の塩」や「赤穂の塩」などの原産国は、日本ではなく「メキシコ産やオーストラリア産」であると、通の間で話題に‥。まあ、あちらの天然塩を輸入して日本で加工したということでして‥。


 箱を開け、包みから取り出してみた塩味饅頭。気が付けば、箱も包みも饅頭も、白、白、白のオンパレードでござそうろう。おう、こんな真っ白なまんじゅうは、見たことがないぞ~。で、表面の白い部分はやはり、一瞬、塩ではないかと疑ってしまうのだが、実は塩ではなくて、らくがんのようであるね~。そして中には、羊羹のように甘く感じる、こしあんが入っていたのさ~。

 うーん、すこぶる甘し。現存するお菓子の中では、かなりの甘い部類に属するように思う。と、この甘さは塩とのギャップによるものだろうか。あと、後味に塩の存在が感じられるのが、なかなか味わい深いものだね~。
©名物に旨いものあり 2005-18rw