名物に旨いものあり

白えび を実食
白えび
白えび天ぷら
Home > 富山の名物
/ クチコミ
割烹かわぐち
富山県射水市中央町19-31

白えび

(富山)

 富山湾でしか獲られていない、珍しいエビ「白えび」。ブリ、ホタルイカと並び、富山県のシンボル魚とされている貴重な産品だ。これは駿河湾のサクラエビと同様、深海に生息するエビ。味はおいしいが足が速いため、今まではあまり流通に乗らず、地元でしか知られない、全国的には無名の存在だった。

 冷凍技術の進歩と、ネット時代のクチコミの力が功を奏し、今では”白えび天丼”から”白えびせんべい”まで、色んな白えびが提供されるようになったのである。今回は物産展にて、白えび天ぷらを‥。そのお店では、白えび5点セット(お刺身、釜ゆで、かまぼこ、ふりかけ、甘酢漬け)も販売していた。


 川エビ程の大きさの白えびは、天ぷらにしても、やはり白いエビのままである。が、よく見ると、シッポ辺りがほんのりピンク色で、目の位置の黒い点々が、こちらを見ているのが分かる(笑)。匂いはエビの天ぷらそのもので、特に変わった様子はない。意を決して食べてみると、おう、これは小エビの天ぷらに間違いなし。直感的に、小エビにしては幾分、身が多いように思え、またその分、甘くも感じる。鮮度よく、臭みもなく、上品な風味で旨し。うーん、天丼にして食べたいような‥。

 後で、フライパンで軽く煎ってから食べると、香ばしくておいしくなったよ。
©名物に旨いものあり 2014
投稿へ

白えび(富山)




コメント

日本ギフト大賞 「最高賞」に富山・寿々屋の「白えび寿し」

 日本のギフト文化の活性化などを目的に優れたギフト商品、サービスなどを表彰する「日本ギフト大賞2016」の各賞が決定し、28日、東京都内で表彰式が行われた。「都道府県賞」47賞の中から最も評価が高かったものを選出する「ふるさとギフト最高賞」には、富山県の寿々屋(富山市)の「白えび寿し」が選ばれた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月29日)

シロエビ漁解禁 初値は過去最高

富山湾に春の訪れを告げるシロエビ漁が1日解禁となりました。

 初値は新幹線開業効果などによる需要の高まりで過去最高となりました。

 透き通ったピンク色の輝きを放つ様子から富山湾の宝石と呼ばれる『シロエビ』。

 射水市の新湊漁港ではシロエビ漁に出ていた底引き網漁船が午前7時ごろから次々と港に戻って水揚げしました。

 解禁初日に水揚げされたシロエビは2800キロで去年の2倍以上になりました。

 また、今年は新幹線開業効果で需要が高まったことなどから、初値は去年のおよそ1,5倍の高値がつき、過去最高となりました。

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月02日)

カルビー/中部地域限定「堅あげポテト 白えび味」

「堅あげポテト」は、厚切りのじゃがいもを低温でじっくりフライする直火釜揚げ製法で作り出された堅い食感。

噛むほどにじゃがいもの味わいがジュワっとくるポテトチップスだという。

「白えび味」は、富山県産白えびに、愛知県醸造の白しょうゆをほんのり加え、風味と旨味が引き立つ奥深い味わいに仕上げた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月03日)

北陸ではあたりまえ! 激ウマ海鮮「ガスえび」って知ってる?

北陸の海鮮がおいしいことは有名な話だよね。個人的には、北海道や九州と同じくらい北陸の魚はウマいと思ってるよ! 「越前ガニ」や「白えび」なんかの甲殻類はとくに有名で、北陸に足を運んだら絶対に食べたいグルメのひとつDA・YO・NE!!

それはさておき、肝心の『ガスえび』なんだけど、オイラが出かけた金沢の寿司屋や回転寿司屋、海鮮居酒屋なんかでは100%の確率で取り扱っていた。職人さんに話を聞いたところ、こっちでは昔からあるみたいで、地元では欠かせない食材なんだってさ。

http://rocketnews24.com/2016/02/24/713306/

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月24日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。