埼玉の名物、草加せんべい
草加煎餅
草加せんべい・ごま
Home > 埼玉の名物
埼玉県草加市高砂1-1-1
草加せんべい振興協議会

(株)武州本店
埼玉県さいたま市北区植竹町1-774
彩の国優良ブランド品

名称:米菓
原材料:うるち米100%、醤油、調味料(アミノ酸等)

草加せんべい

(埼玉)

 みなさん、「草加せんべい」を食べたことがおありになるか?。実は、食品衛生登録上、丸い形で醤油を塗って焼いたせんべいを「草加せんべい」というらしい。この間、草加市とは関係のない地方のコンビニのギフトコーナーで「草加せんべい」が売られていたので、変だなぁーと思ったものだが、これですっきり。

 でも、ご心配なかれ、ちゃんとした「草加せんべい」が存在する。埼玉県草加市には煎餅店が60店もあり、一大せんべい生産地を形成し、草加せんべいを世に送り出している。また、この「草加せんべい」の味は単一ではなく、店により様々な個性を主張するのだそうな。

 ※その後の2007年、「草加せんべい」は地域団体商標登録した模様。


 むぅ、これは、いつも食べている煎餅と変わりがないような気がする。でも旨いな~。醤油が手にくっ付く感じが、また煎餅だなーと思わせるね。うぅ、一枚ではやめられない。もうすぐ夕食の時間だというのに、まずい、誰かなんとかしてくれぇ~!。叱られるぅ(3枚でご飯一杯分のカロリーとも)。‥実は私が食べたのは、草加市のものではない。草加の近くの(埼玉県内の)草加せんべいであった。すまん。

メモ)
 地元の通の間では、焼いたばかりの醤油を塗っていない白いせんべいを「白焼き」と呼び、ある程度好まれ食べられているのだとか。また、せんべいの中でも一番おいしいのは、生地を天日干ししてから焼いたもの。それは天日干しした段階で、既に波打った形状になっているんだよね。
 最近では、(どこかのをマネた)せんべい汁、デコレーションせんべい、(自分で手焼きする用の)生せんべいも売られているという。
©名物に旨いものあり 2004-14