静岡の名物、タカアシガニ
タカアシガニ
タカアシガニ
Home > 静岡の名物
戸田漁協
静岡県沼津市戸田523-9

静岡では、底びき網(秋~春)、かご漁(冬)で漁獲される。資源保護のため、漁獲制限の動きもある。

太平洋側(東北~九州)の深海に生息。世界最大の蟹なのだと‥。

タカアシガニ

(静岡)

 「タカアシガニ」は日本固有のとても大きな蟹で、静岡が(平成18年資料で)漁獲量日本一、沼津市戸田(へだ)の特産品になっているもの。とは言え、一般の日本人は「タカアシガニ」を食べたことが無いし、知らない人も多いだろう。大きいものは足を伸ばすと3m以上にもなるそうで、本当に大きな蟹なのである。


 (かなり前のことなのだが‥)
 「タカアシガニを食べに行こう!」という日帰りバスツアーが東京・新宿からあり、1日かけて戸田まで食べに行ったことがある。昼ごろ着いた戸田の漁港の食事処で出てきた大きな皿。タカアシガニの中くらい(いやもっと小さかったかも)の足が一本。その横に(タカアシガニと比較すると)小さなズワイガニの足が一本乗っていた。ツアー名からすると、かなり貧素な皿の上。半分肩を落とし、半分喜んで頂いたものだ。

 赤と白のマダラ模様の丸い筒状の足が特徴的なタカアシガニは、とにかく高級な蟹ということで、(よく覚えていないが)上品で美味しい蟹だったと記憶する。ズワイガニのようにボイルするのではなくて、蒸して食べるもの。パンパンに実が詰まっていて、蟹味噌も食べられるよ。一緒に食べたズワイガニも、おいしかった。あ~、また食べたいけど‥。

メモ)
 この戸田港のある駿河湾は、日本一深い湾だと言われている。現地では最近、深海魚料理なる物がはやっていて、それらの深海丼などもあるそうな。2013.07
©名物に旨いものあり 2007-14