福島の名物、玉羊羹(たまようかん)
玉ようかん
玉羊羹
Home > 福島の名物
(株)長登屋
福島県福島市鎌田字卸町1-2

名称:菓子
品名:玉羊羹
原材料:生餡、砂糖、水飴、寒天
手作り
玉羊羹 (福島)

 玉羊羹は、かなーり昔、子供の頃に食べた記憶がある。「なんだ?、このブドウのような大きな玉は‥」と思ったものだ。なんちゅうか、見るからに美味しそうなのだが、いったいどうやって食べるのよ。針でプチンとやれば持つところが無いし、入り口のゴムをとるのも難しい。あ~、食べたいけど、じれったい。そんな、きれいで繊細な羊羹だったなぁー。

 その玉羊羹が福島県内のお土産屋さんの隅っこに、ひっそりと置いてあり、また子供の頃に帰ろうと買ってしまったのさ~。


 どうやって食べようかと悩んでいると、ふとひらめいた。ツマヨウジを勢い良く突き刺すと良いのではないか。実際にやってみるとお見事。ゴムが自然にはじけて、ベリーグッド。ピカピカ、ツヤツヤの串刺し羊羹ができ上がり(‥御楊枝が添えられてあるのは、そのため?)。眺めるのにも飽きて食べてみると、うん、こりゃ確かに羊羹だなぁ。‥まあ、味は二の次かも。

メモ)
 後日知ったところによると、どうも「玉嶋屋」が有名なようで、あの「東京とらや」と並んで第一回・全国和菓子協会・伝統和菓子職認定者にも選ばれている、老舗の和菓子屋みたいなんよ。

 その後、テレビで紹介されているのを見ていたら、今はハート型の、しかもピンクのも売られているんだそうで。味は桃の味なんだと~。2014.11
©名物に旨いものあり 2004-14