名物に旨いものあり

とらや羊羹 を実食
とらやの羊羹
とらや羊羹
Home > 東京の名物
/ クチコミ
(株)虎屋
東京都港区赤坂4-9-22

品名:夜の梅
原材料:砂糖、小豆、寒天

品名:白小豆入羊羹 空の旅
原材料:砂糖、豆類(白小豆、福白金時、手亡)、寒天、コチニール色素、クチナシ色素

賞味期限:1年
消費期限:2年

虎屋のようかん

(東京)

 日本全国に羊羹は色々あれど、羊羹通なら誰もが知っている(らしい)虎屋の羊羹。でも、あんまり高価だと忘れそうになるのだよね~。羊羹の中の羊羹と言われる虎屋の羊羹は、種類ごとに粋な名が付けられていて、中でも定番の「夜の梅」が特に有名なのだと。まあ、そうはいっても通の人達の間の話で、一般人には知られていないのが実情かもね~。

 虎屋は戦国の世から続く(京都から始まった)日本の老舗和菓子屋で、明治維新のおり、天皇が東京にうつられると共に東京に引っ越したのだとな~。


 その厳かな真っ黒な箱には「虎」の浮かし彫りが‥。と、その箱の手触りからして、高級感を漂わせているのだぞよ。して、中から出てきた竹皮で包まれた棹。それが一見、虎皮にも見えるから不思議じゃ。

 「夜の梅」
 濃いあずき色のようかんを切ってみると、練りあんの平面の一部に、あずきの粒が一つ入っているのが見えた。食べてみると、おう、これは食べる前の思い込みより甘味が抑えられた、上品な風味。あのあずき粒が、時折歯ごたえとして現れ、単調な練りようかんに変化をもたらすのだね~。まあ、驚くような旨さではないが、拙者の口に妙にフィットし、違和感なく自然の成り行きで事が進む。うーん、落ち着く味で旨い。

 「空の旅(白小豆入り)」
 これは何故か、赤いようかん。こちらもまた粒を感じるなーと思ってよく見ると、白あずきと思われる白い粒が丸々閉じ込められていた。こちらはより上品でまろやか。‥この辺で止めとかないと、財布は痩せ体は太り、大変なことになりそう。んー、虎屋の羊羹とは、そういうものなのだ。

メモ)
 そういえば、よく羊羹に付いてくる高級そうな爪楊枝は、黒文字の木から作られる、その名もそのまま黒文字という代物。これはただの爪楊枝ではなくて、匂いがとってもよろしいものじゃ。水に濡らす(拭いて使う)と更に香るんだよね~。

p.s.
 日本人には好かれているこの羊羹。実は外国人(欧米)にはあまり好かれていないようで、この前「NHK COOL JAPAN かっこいいニッポン再発見」に出ていた外国人が、とても好きになれないと‥。どうも小豆に砂糖の組み合わせが、野菜に砂糖をかけているのと同じだと‥。んにゃ、羊羹の外国へのお土産はダメなんじゃな~。
©名物に旨いものあり 2010-17rw-18
投稿へ

虎屋の羊羹(東京)




コメント

こんなに美味しい羊羹なんだけれど、欧米人にはあまり好まれないようで。なんか、野菜に甘みを加えて、塊にしたもの、というイメージらしいですね。

(投稿者 ちゅうざえもん さん / 2017年12月27日)

とらやが父の日向け商品にコーヒー味のようかん ワインとも好相性

 1963(昭和38)年にコーヒー味のようかん「コーヒー羊羹」を発売した同店。同商品は2008年に一度販売を終了したが、2013年には味とパッケージをリニューアルした小形羊羹「珈琲」として再び店頭に並べ、毎年父の日のおすすめ商品として期間限定で販売している。

http://akasaka.keizai.biz/headline/2286/

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月03日)

香り豊かなラムレーズンを刻み入れた、バレンタインデーの贈りものにぴったりの羊羹です。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月30日)

「とらや」赤坂本店、建て替えに伴い一時閉店 営業再開は2018年

 昭和40年代後半からは、正月にビルの壁面に凧(たこ)飾りを施し、「年末年始の風物詩」として人々の目を楽しませるなど、赤坂の街の風景の一部として親しまれてきた。1973(昭和48)年には、同ビル内に「虎屋文庫」を創設し、和菓子文化の伝承と創造の一端を担うことを目的に資料展などを行ってきたが、展示の企画も一時休止となる。

(投稿者 匿名 さん / 2015年10月07日)

とやらがチョコと羊羹のコラボ商品‥バレンタインデー用

今年は、大切な人に心をこめて『羊羹 au ショコラ(ヨウカン オ ショコラ)』はいかがでしょうか。
ビターチョコレートとラム酒を加えた羊羹にグラニュー糖をまぶした、一口サイズのお菓子です。
2005年にパリ店25周年を記念して新発売し、現在はとらやパリ店の限定商品となっています。
バレンタインデーにあわせ、日本でも限定販売いたします。

http://toraya-group.blogspot.jp/2015/01/au.html

(投稿者 匿名 さん / 2015年02月12日)

歴史の中の和菓子再現…「虎屋」で展示

 和菓子を贈答する場面は、歴史にたびたび登場する。同展では史料に基づき、江戸時代を中心に20話のエピソードを紹介。老舗和菓子店「虎屋」の職人が40点ほどの菓子を再現し、史料と一緒に展示している。

大奥で女中たちが食べたとされる和菓子(手前)は、絵図帳(奥)を参考に作った
 例えば、枕草子の中で、清少納言が書家の藤原行成から贈られたと書いている「餅だん」。ガチョウや野菜などを煮て餅で挟んだ菓子を、見た目を似せ再現した。

p.s.
2013年、日本を代表する老舗和菓子屋の御曹司が、「インド人と結婚」、という話でゴシップ記事を賑わしていた。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年11月18日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。