名物に旨いものあり

月よみ山路

を実食
月よみ山路
月よみ山路
Home > 石川の名物
/ クチコミ
(株)松葉屋
石川県小松市大文字町69

名称:生菓子
品名:月よみ山路(栗むし羊羹)
原材料:栗、小豆、白双糖、葛粉、くちなし色素

賞味期限:5日間

月よみ山路

(石川)

 「石川の銘菓に栗ようかんあり」と聞き、興味を持っていたところ、テレビ番組の「食わず嫌い王」で、飯島愛さんがおみやげに持って来たものが、この「月よみ山路」。別に飯島愛さんのファンではないのだが、へぇー、さぞかし旨いんだろうなーと、期待を膨らませてみた次第‥。


 「栗ようかんにまずい物なし」という信念に基づき、濃いお茶を用意し、自信を持って挑んでみると‥。

 そのかなりの素朴な包みを開けると、本物の大きな竹の皮一枚にて、ようかん全体がワイルドな感じに包まれていた。ようかんを輪切りにしてみると、中には大きな栗がゴロン。いや、ゴロンというよりも、ようかん部分が薄皮一枚にも見えてくる。いや、勝手に妄想すると、暗い山道を歩いていると、明るい月がポッカリと現れた、そんな感じにも‥。

 食べてみると、外側のあずき色のようかん部分が、なぜか甘くない。食感は蒸しようかん、いわば丁稚ようかんのおもむきであるね~。でもその大きな栗が甘いので、あわせて食べると丁度良し。うーん、栗は確かに旨いな~。全体的には、ため息が出るほど、とっても素朴~。

 しかし、どこかで食べたような味。あ、パンのヤマザキの栗蒸しようかん‥。またマネしたなーヤマザキィ!(さん)。
©名物に旨いものあり 2004-18rw