名物に旨いものあり

宇治茶 を実食
宇治茶
宇治の緑 玄米茶
Home > 京都の名物
/ クチコミ
(株)福寿園
京都府相楽郡山城町上狛東作り道11

名称:抹茶入玄米茶
品名:宇治の緑 玄米茶
原材料:緑茶、炒り米

宇治茶

(京都)

 お茶は、今では日本全国で作られているものだが、日本の緑茶の元祖は、この宇治茶にあるのだそうな。そう、鎌倉時代に宇治でお茶の栽培が始まり、その後全国に広まったのである。また最近の話だが(2004年4月以降)、宇治茶は京都、奈良、滋賀、三重で栽培され、京都府内で加工されたものと定義された(社団法人京都府茶業会議所)。

 普段、何となくお茶を飲んでいるのだが、実は日本茶には色んな種類があり、一番多く作られている種類が「やぶきた茶」なのである。ちなみに「やぶきた茶」は、1953年に登録された茶農林6号という品種。在来種の中から生まれたお茶の木。


(買ってみたら、玄米茶だった‥)
 急須に入れ、茶碗に注いでみると、鮮やかな緑色のお茶が現れた。そうですな、やはり玄米茶の匂いがしているね。いつも緑茶ばかりを飲んでいるせいか、玄米茶をおいしいとは思えなくて‥。まあ、安い玄米茶を買ったものだから、こんなことになったのだろう。宇治茶のことは全く語れない‥。

(宇治茶から離れるが)、昔、安くて旨いお茶を飲んだことがある。もう、かなり前になるが、名古屋で仕事をしていた時、地元の方が、毎朝ほうじ茶をいれてくれたのだった。そのほうじ茶の香ばしいこと。今でも忘れられない良い香り。また、飲んでも旨し。あのお茶をもう一度飲みたい、と今でも思うのだよね。

メモ)
 「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る ♪」
 ‥の(文部省唱歌)茶つみ歌は、静岡のものだと思っている人が多いと思うが、実は京都宇治のものである。また、京都府和束町や近隣の奈良や大津などでは、それぞれの地名が入った詩となっているそうな。
©名物に旨いものあり 2004-14
投稿へ

宇治茶(京都)


  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)

コメント

抹茶ブーム

外国人観光客にも人気の「抹茶」。いま空前の抹茶ブームを迎えています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-10000001-mbsnews-l27

(投稿者 匿名 さん / 2018年05月31日)

「プレミアム宇治茶」として認証する制度

 高級茶として知られる宇治茶のブランド力をさらに高めようと、府は高品質の宇治茶を「プレミアム宇治茶」として認証する制度を今秋にも始める。下落傾向にある単価に歯止めをかけるとともに、増加する訪日外国人客にも〈高級感〉をわかりやすくアピールすることで消費拡大につなげる考えだ。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月30日)

『日本茶800年の歴史散歩』~京都・山城 が「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました

 「日本茶800年の歴史散歩」~京都・山城は、宇治市をはじめ京都府南部8市町村(宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、宇治田原町、和束町、南山城村)に所在するお茶に関係する文化財26件によって宇治茶800年の歴史をストーリー化したもので、宇治市内においては、「黄檗山萬福寺」、「中宇治の街並み」、「白川地区の茶畑」など16件が構成文化財となっています。

https://www.city.uji.kyoto.jp/0000014615.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月26日)

森永製菓/京都丸久小山園の宇治抹茶を使用「味わい深い抹茶あいす」

森永製菓は2月22日、元禄年間創業の京都丸久小山園の宇治抹茶を使用した「味わい深い抹茶あいす」をコンビニエンスストア限定で発売する。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月23日)

伊藤久右衛門」の宇治抹茶×青谷の梅酒

 京都府宇治市の抹茶と城陽市の梅。両市を代表する特産品を、茶の老舗「伊藤久右衛門」と城陽酒造がコラボさせた。

 そのまま飲めば極めて濃厚だが、オンザロックなら好みの濃さで楽しめる。抹茶と梅酒の味わい、香りが溶け合う。不思議な芳醇(ほうじゅん)さに、後口はさわやかな酸味。ソーダや、冬はお湯で割るのもいい。

 抹茶は風味豊かな一番摘み茶葉を石臼でひき、梅酒は城陽市の青谷梅林産の大粒で香り高い「城州白(じょうしゅうはく)」を100%使用、3年熟成した。

http://mainichi.jp/articles/20160119/ddf/012/070/011000c

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月20日)

宇治茶を世界文化遺産に

 京都府は28日までに、日本を代表する高級茶「宇治茶」の世界文化遺産登録を目指すことを決めた。4月にも茶業関係者や学識経験者らによる検討委員会を立ち上げ、本格的な調査に乗り出す。

 宇治茶は京都府茶協同組合が「三重、滋賀、京都、奈良の4府県産の茶を京都府内で、府内業者が宇治地域に由来する製法で仕上げ加工した緑茶」と定義し、商標登録している。

(投稿者 アイルトン さん / 2011年01月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。