沖縄の名物、海ぶどう
海ぶどう
海ぶどう
Home > 沖縄の名物
(株)嶋活
沖縄県那覇市旭町45-1

名称:海ぶどう(ドレッシング付)
原材料名:海ぶどう(くびれづた)、ドレッシング[醤油、砂糖、醸造酢、発酵調味料、シークヮーサー果汁、食塩、鰹節、酒精、香料](原材料の一部に小麦、大豆を含む)

時季:一年中あるが、最盛期は夏

消費期限:4日ぐらい
海ぶどう (沖縄)

 海ぶどうは、(本土では)たまに沖縄物産展などで見かけるのであるが、その濃い緑色から、ワカメやコンブなどと同じようにちょっとした生臭さを連想してしまって、生で食べる海ぶどうには、なかなか手を出せないでいた。いや、でも、いつまでも逃げてばかりはいられないわけで、今回は思い切って挑戦してみることに‥。

 ちなみに、海ぶどうは摘んだ後でも生きている植物だそうで、冷蔵庫には入れないで常温で保存する必要があると。‥光の管理、気温の管理などができれば、採取後2週間程度まではOKだとか。また、調子が悪くなってきたようなら、弱い光を当てると復活するそうで‥。うーん、なんだかんだ言っても、素人は早く食べた方がよさそうだね。


 ささっと水洗いをした海ぶどうは、意外にもほとんど匂いは無い。よく観察してみると、細長い茎から更に細い茎が出ていて、その先に丸い緑色の玉が付いている様子。何も付けずに茎のまま食べてみると、ほんのり塩味があり、プリプリッとして数の子を食べている食感に似ていた。微妙な風味が何ともいえないテイストだね。

 添付のシークワーサー入りドレッシングにつけて食べてみると、まあマンザラでもないが、全体の感想としては海のミネラルを摂取している感じかなー。んー、海のサラダとでも言っておこう。

メモ)
 この「海ぶどう」は、沖縄出身者でも知らなかったという人が多いもの。それもそのはず、「海ぶどう」が養殖されて世の中に出回るようになったのは、平成に入ってから。現在の沖縄でも「海ぶどう」はほとんど食べられておらず、地元観光料理店などで見かけられる程度だという。(2015.01)
©名物に旨いものあり 2007-15