名物に旨いものあり
静岡の名物
うなぎパイ を実食
うなぎパイ
うなぎパイ
Home > 静岡の名物
/ クチコミ
(有)春華堂
静岡県浜松市鍛冶町321-10

名称:洋菓子
品名:うなぎパイ
原材料:小麦粉、砂糖、バター、植物油脂、うなぎ粉、ガーリック、フラクトオリゴ糖、ビタミンA、酸化防止剤(V.E)、香料
旨い

うなぎパイ

(静岡)

 「浜名湖名産、夜のお菓子!うなぎパイ」とは何ぞや~。いや~、この意味深なフレーズ、人々の心をひきつけるね~。それで、うなぎパイというからには、それなりに理由があるのだろうと思うと、それはやはり、うなぎ粉(ウナギの中骨で取った出し汁を粉末にしたもの)が入っているらしく‥。

 で、待てよ~、「夜のお菓子」の方はどうした?となる。それで「精力が付くといわれる」うなぎ粉とガーリックが入っているから、と普通に考えてしまうのであるが、それがそうではないという。してそのココロは「一家だんらんのひとときを『うなぎパイ』で過ごしてほしい」からだと‥。んー、いやこれは、オコチャマへの言い訳だと思うね~、きっと‥。


 一本ずつ包装されてある「うなぎパイ」、その表面には氷砂糖の小さいのがまぶしてあるのだった。で、こんがり焼かれた細長い渦巻きパイを口に放り込んでみると、サクサク、パリパリ、おいしくて元気良くどこまでも行ってしまいそうで、なかなか止まらない。してこれが見た目とは違い、そんなに甘くはないテイスト。この味わいは、どこかで食べたような‥。あ、あのハートの形の源氏パイに似ているな~。

 まあ「名物に旨いものなし」とも言われるが、これは意外といける、癖になりそう。お土産には最高だね~。

メモ)
 テレビで紹介されている番組にて、ここの工場の人が、なんと「うなぎパイは94層のパイ生地にして作ってある」と‥。え~、そんなに~。
©名物に旨いものあり , 19rw