宮城の名物、白石温麺
白石温麺
白石温麺
Home > 宮城の名物
宮城県白石市

原材料:小麦粉と塩水

賞味期限:だいたい半年~1年
白石温麺 (宮城)

 白石温麺(しろいしうーめん)は、宮城に来て初めて知った手延べ製法の’うどん’(乾麺)なのである。右写真は地元白石市の老舗で食べた、味三色という温麺なのだが、なんと、ゴマ、クルミ、醤油の三種類のつけダレで食べるのだ。ゴマやクルミで素麺(のようなもの)を食べるなんて、なんてユニークなんだろう。

 テレビ等で紹介されているのを見ると、白石温麺は「胃に優しいように油を使っていない麺」とのうたい文句なのだ。一般のそうめん(三輪そうめん等)は、こねて伸ばした後にくっ付かないように食用植物油(綿実油等)を塗る。それに対して白石温麺は、油を使わず小麦粉をまぶしてくっ付かないようにしているそうだ。‥言うのは簡単だが、実際は大変なのであろう。


 白石温麺は、ひやむぎ位の太さの丸い麺で、何と言っても最大の特徴が短いことである。たぶん、普通の素麺の半分くらいだと思う。この短さゆえ、上品な食べ方が出来るのである。ズルズルッとやらなくても、スルッと入る感じなのじゃな。麺の味や感触は、冷麦や素麺と変わらないと思う。でも、なんかうまいんだよね。

 まあ、お店なんかだと、三色ダレなどを考案し、お客さんを楽しませているんだけど。
©名物に旨いものあり 2004-14