広島の名物、櫟のワッフル
ワッフル
櫟のワッフル
Home > 広島の名物
(有)櫟(くぬぎ)
広島県広島市西区己斐東1-2-21

名称:洋生菓子
商品名:ワッフル
原材料:記載なし

消費期限:3日(製造日含む)
保存方法:冷蔵庫(5℃~10℃)に保管し、早めに頂く
櫟のワッフル (広島)

 広島にある小さなお店、が今は他に三店舗と拡張中の地元ではつとに有名な「くぬぎのワッフル」。ワッフルなんて何処にでもあるからと、高をくくっていたが、その姿をひと目見て気に入ってしまったのだ。色とりどり、様々なトッピングの入ったワッフルの容姿は、まさにお見事、そう言うしか他に無い。いや、有名だとか、美味しいとか無しで、何も知らずに一目惚れしたわけなのさぁ。

 ‥(その後)なんか最近、似たようなワッフルをアチコチで見かけるようになったんだよね。ちょっとしたブームなのかも。


 フタを開けると、ワクワク感そそるワッフルが10コ。それぞれ、中のクリームが本格的に違うんじゃな。1コ取り出して匂いを嗅いでみると、うむ?、ケーキの匂いじゃ。食べてみると、ふんわり柔らか、生クリームとかカスタードクリームなどの中に、フルーツやら何やらが包まれ、それぞれが個性的なワッフルなのだ。

 ふと見れば見慣れぬ「櫟(くぬぎ)」のワッフルが‥。それはカスタードクリームの上に香ばしいナッツ類が乗った、おいしいワッフルだった。

 消費期限が短いことから、お昼代わりに5コも食べてしまったが、甘さ控えめだったので、なんとか食べられた。いや、でも、おすすめはしない。一人2コぐらいが美しい人生。昔の黄色いクリームの入ったワッフルと比べると、かなりケーキに近い感じがするね。
©名物に旨いものあり 2013