名物に旨いものあり
北海道の名物
わかさいも を実食
わかさいも
わかさいも
Home > 道南の名物
/ クチコミ
(株)わかさいも本舗
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉144

名称:生菓子
原材料:大福豆、手亡豆、上白糖、小麦粉、鶏卵、減塩醤油(大豆、小麦、食塩)、金糸昆布
旨い

わかさいも

(北海道)

 え、「わかさいも」?。なんじゃ、それは~、と思ってしまっても無理はない。それは洞爺湖の名物になっているものなんだよね~。筆者は何度か洞爺湖に行っているので、なんとなく頭の片隅にこびり付いてしまっていて‥。

 で、その「わかさいも」は個性的な味がするのではないかと思わせる名前であるが、実際のところ、本当に特別な物が入っているもの。それが、お菓子なのに昆布そのものが入っているそうで‥。それは、芋の筋を表現するために入れたそうであるが、はたしてイカに‥。イカじゃない昆布じゃ。

 ちなみに、「わかさいも」は最初「やきいも」の名前で売られていたが、他の店に真似されないように、店主の名前をとって「わかさいも」にしたのだという。‥「わかさ」と言われると、若狭国(わかさのくに)を連想してしまうんだよね、じっさい。


 さて、箱を開けてみると、ふむ、やはり最初に名付けた通り、サツマイモを模して作ったのが分かる姿だね~。で、匂いをかいでみると、芋のような、イカのような、複雑な香りがした。して、一口かじってみると、透明で少し噛み応えのある筋(昆布か)があるのが分かり、全体は芋のようなしっとりとした感じの、芋は使ってないけど芋風味のお菓子なのだ。

 考えるに、旨いような、そうでないような‥。うーん、よくぞこんなお菓子を作ったものだ。現在では考えられない発想だと思うね~。
©名物に旨いものあり , 19rw