岩手の名物、わんこそば
わんこそば
わんこそば
Home > 岩手の名物
/ クチコミ
やぶ屋
岩手県花巻市吹張町7-17

わんこそば

(岩手)

 岩手の名物といえば昔から「わんこそば」が有名で、岩手県人なら一度は食べる、外食のお祭り料理なのである。全国の名物は色々あれど「わんこそば」は、なんというか「食べ方(作法)」が名物と言った方がよい。まあ、蕎麦の味の方は普通かなー。いや、本当は旨いのかも知れない。味わって食べたことが無いもので‥。

 起源は花巻説と盛岡説で、もめているようだが、私が子供の頃にはテレビニュースなどで「花巻のわんこそば」の方を取り上げていたような気がする。実のところ、隣だし、区切って分ける必要なんて無いのではないかなー。「その辺」ってことで、よしにしよう。ねーみなさん。


 盛岡の東家(あずまや)というお店で食べた「わんこそば」は、お膳に薬味とオカズが乗っていて「薬味は飽きてきた頃に入れて食べると、もっと食べられますよ」と給仕さんが教えてくれた。ふーん、イチゴ狩りのミルクのようなものかな‥。小さなお椀に入れられた蕎麦を、次から次へと私のお椀に給仕さんが入れてくれ、みんなで行くと’てんやわんや’で、これがなかなか楽しかった。

 この料理、一人だけでは、なかなか行かれない。2人でもちょっと寂しいわんこそば。皆でワイワイやらないと、やってられないのだよね。実際、どうしても食べたいという、関西から来た友人と盛岡駅前で食べたことあるけど‥。しかも、カツ丼とか食べている一般客の中でぽつりと‥。
©名物に旨いものあり 2004-14