名物に旨いものあり

ウイスキーボンボン を実食
ウイスキーボンボン
ボンボンコレクション
Home > 兵庫の名物
/ クチコミ
ゴンチャロフ製菓(株)
兵庫県神戸市東灘区御影塚町3丁目1-10

名称:チョコレート菓子
品名:アソートチョコレート
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、洋酒、全粉乳、植物油脂、ココアパウダー、乳糖、脱脂粉乳、水飴、酒精、チーズパウダー、デキストリン、クリームパウダー(乳製品)、糖類(マルトース)、バジル、トレハロース、乳化剤、香料、着色料(二酸化チタン、黄4、カラメル、黄5)、酸化防止剤(亜硫酸塩、V.E)、(原材料の一部に大豆を含む)

賞味期限:約3ヵ月半後だった

ウイスキーボンボン

(兵庫)

 かつて人気を博したウイスキーボンボン(1970年代)。いつの間にやら消え去って久しいが、年に一度、バレンタインデーには、ここぞとばかりに一瞬の花を開かせるものなのだ。

 日本で初めてウイスキーボンボンを作ったのは、ロシア革命から逃れ神戸に着いたロシア人、マカール・ゴンチャロフ(ゴンチャロフ製菓創業者)。今では全国のデパートなどに商品を納めたり、店舗をかまえたりで、繁盛しているお店なんだと。このゴンチャロフ製菓、あの「堂島ロール」のモンシュシュを相手に訴訟を起したりで、ちょっと目立つ、まあ日本では”やんちゃ”な存在とも‥。


 数あるチョコレートのなかから、今回はボンボンコレクションを‥。

 箱をあけると、数種のお酒が入ったボトルチョコなどがずらり。形はボトル、樽、タブレットと3種類に。で、適当にボトル型のシングルモルトウィスキーを取ってみると、おっ! 中に液体が入っている手ごたえが‥。それを口に放り込んでみると、予想通り中には液体のお酒シロップが存在し、それは意外に多く入っていて‥。味わうと、うん、こりゃ甘くておいしいね~。

 次に樽型チョコを食べてみると、これまた言うまでもなく中には、お酒シロップ入り。そのトロトロのお酒シロップは、それぞれ特徴のある芳醇な香りを放ち、大人たちを魅了し、とりこにする。こりゃいい、大人の味、うまチャロフ。また欲すい。

 ちなみに、チョコレートの中には「ウイスキー、シングルモルトウイスキー、ブランデー、赤ワイン、ロゼワイン、ラム、コニャック、シャンパンガナッシュ、オレンジリキュールガナッシュ」が入っているのだぞよ~。
©名物に旨いものあり 2012-18rw