福井の名物、焼き鯖寿司
焼き鯖寿司
若狭の浜焼き鯖寿司
Home > 福井の名物
/ クチコミ
(有)海の恵み
福井県福井市松本4丁目13-4

名称:すし
品名:浜焼き鯖寿司
原材料:寿司飯、焼鯖、椎茸、しょうが、きゃらぶき佃煮、醸造酢、みりん、砂糖、塩、醤油、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

焼き鯖寿司

(福井)

 福井の名物に「焼きサバ」があり、それを寿司にした「焼きサバ寿司」も同様に人気なのだそうな。これはシメサバではなくて、焼いたサバを酢めしに乗せたもの。焼きサバは、夏場に痛み易いサバを保存するために考え出されたもので、脂が多いため、きれいに焼くのがとても難しいという。

 最近、この焼きサバ寿司の一つと思われる「若狭の浜焼き鯖寿司」という空弁が、なぜか羽田空港で売られているそうで‥(2004年)、とりあえず入手したので実食へ。


 包みを開けると、すし飯の上に焼きサバがデーンと乗っている。食べやすいように、ちゃんと切り分けてあり、寿司の匂いと焼いたサバの匂いが漂ってきた。サバの下にはショウガとシイタケが挟んであり、食べてみると、しめ鯖の感じとは違って、そんなに癖は無く万人向けに作られてあるようだね。‥うん?、肉厚の部分にきて、やっとサバの味がしてきた。まぁまぁいける。どちらかというと(魚の)缶詰のような食べやすい風味かなー。

 後日「秘密のタレをぬって、2度焼きすると皮が破れない」と社長のみち子さんがテレビで語っているのを見た。そう言われれば、サバの皮がきれいに本体にくっ付いているね。
©名物に旨いものあり 2005-14