高知の名物、ヤマモモ
ヤマモモ
ヤマモモ(山桃)
Home > 高知の名物
JA高知
高知市北御座2-27

品種:瑞光、森口、西村からブレンド
300g、賞味期限2日、冷凍すれば長持ち。

収穫期:6月の梅雨の時季
やまもも (高知)

 高知特産ヤマモモは、高知県の’県の花’、徳島県の’県の木’に指定されているそうで、関東以南に自然に生えているものだとか‥。ということは、東北・北海道の人は見たことが無くて、関東以南の人には馴染みのある(はずの)果実なのである。が、しかし、痛み易さから店頭にはあまり出回らない果実なんだよね。

 名前は山桃であるが、一般の桃とは全然違う植物だ。人々がうんざりしている梅雨の時季に、私たち(鳥や動物たちも)を楽しませてくれるのが、うれしいね。


 匂いをかぐと、さわやかな香り。なんだろうこの匂い、何処かでかいだような‥。見た目は、赤黒いプチプチの粒で覆われている様子。一つの大きさは2~3cmぐらいかなー。一つ、口に放り込んでみると、酸っぱ~い。思わず目をつぶってしまった。

 だが2つ目を放り込むと、何事も無かったような顔で食べている。人間って、たくましい動物だ。落ち着いて食べてみると、酸っぱくて甘い風味で、ぶどうのようでもあり、グミのようでもある。かすかにシブミもあるような気もするね。まあまあイケル。

 よく観察すると、中心部に大豆程度の種があり、そこから放射状に細長い房状の実が伸びて、表面にプチッと出ている構造だ。外側のプチプチに舌触りを感じるが、中は柔らかい感触かなー。野イチゴのようで、そうではないんだよね。

 追記)
 2日目、食べていてピーンと来てしまった。似ている味は、酸っぱいイチゴ~。
©名物に旨いものあり 2007-14