名物に旨いものあり

相馬紅ずわいがに を実食
ずわいがに
相馬・松川浦 紅ずわいがに
Home > 福島の名物
/ クチコミ
相馬双葉漁業協同組合
福島県相馬市尾浜字追川196

松川浦の海鮮店の店先で、ゆでたての「ずわいがに」を見つけました。

相馬ずわいがに

(福島)

 冬の味覚、ズワイガニといえば、山陰地方~北陸地方にかけての、松葉ガニや越前ガニなどを思い起こすのであるが、ちゃんと太平洋側でもズワイガニが捕れるのである。

 で、そこは福島は相馬の松川浦。漁期は解禁される12月中旬~3月末(2008年の場合)で、そのころになると、松川浦には観光客がどっと押し寄せ、その寒い冬を物ともせずに賑わいをみせるのである。まあ、ちょっと前までは主に北陸越前ガニとして日本海側へ出荷されていたらしいが(2004年資料)、現在は地元消費も盛んになり、観光の資源に‥。

 福島魚連によると、太平洋側で捕れるのは主にベニズワイガニというもので、ズワイガニよりも赤色が鮮やかで、肉質はズワイガニにはやや及ばないもの。ちなみに日本海側の水揚げ量も、ズワイガニの方がかなり少なく、それは高価で取引されるそうだね~。


 ズワイガニは皆さんも食べたことがあると思うので、ズワイガニの味がどうこう言うのはやめておこう。しかし、獲れたて茹でたての蟹は、さすがに旨い。冷凍のものとはかなり違うもの。身がぎっしり詰まっているし、甘い感じがする。冷凍物ではあまり美味しくはない足の付け根部分(肩というのか)も、生のズワイガニを茹でたものだと本当に旨いのである。あ~、でも高いけど~。

 ‥ある日、他県のとある店先で、福島産とロシア産のズワイガニが並んで売られていた。見ると、福島産はロシア産の数倍の値段が付けられていて「あ~」っと。

 余談であるが、一度おいしいズワイガニを食べると、その後、まずいズワイガニに出会うと、すこぶるがっかりしてしまうもの。‥途中でやめてしまうほど。それほど違いがあるんだよね~、値段ほどに‥。
©名物に旨いものあり 2004-17rw
投稿へ

相馬ずわいがに(福島)




コメント

かに鍋を無料でふるまう

相馬市では今が旬のズワイガニの鍋を無料で振る舞うイベントが開かれました。
これは相馬市の松川浦漁港にある相馬双葉漁協の水産物直売センターが地元の海産物をPRしようと、毎年行っています。
12日は漁が最盛期となっているズワイガニの鍋、およそ3000食分が用意され、訪れた観光客などに無料で振る舞われました。
漁協によりますと相馬のズワイガニ漁は毎年12月から翌年の3月まで行われますが、この時期はカニの身がしまって甘みも増すということです。

ズワイガニ鍋の無料サービスは13日も午前8時半から開かれます。

(投稿者 アイルトン さん / 2011年02月13日)

福島 ズワイガニの初水揚げ

冬の味覚、ズワイガニの水揚げが太平洋側で最も多い福島県相馬市の漁港では、漁の解禁を受けて、早速、新鮮なカニが水揚げされました。

福島県相馬市の松川浦漁港では、およそ40キロ沖合で取れたズワイガニが次々に水揚げされ、この冬初めての競りが行われました。漁協によりますと、これまでのところ、オスが1キロ当たり4300円、メスが1200円ほどと、去年並みか、やや安い水準で取り引きされているということです。相馬市沖のズワイガニ漁は来年の3月いっぱいまで続き、首都圏や、メスのカニの需要がある北陸地方に向け出荷されます。

(投稿者 カムラオ さん / 2010年12月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。