福島の名物、相馬紅ずわいがに
ずわいがに
相馬・松川浦 紅ずわいがに
Home > 福島の名物
相馬双葉漁業協同組合
福島県相馬市尾浜字追川196

松川浦の海鮮店の店先で、ゆでたての「ずわいがに」を見つけました。
相馬ずわいがに (福島)

 冬の味覚、ズワイガニといえば、北陸地方の越前ガニなどを思い起こすのだが、ちゃんと太平洋側でも捕れるのである。漁期は解禁される12月中旬~3月末(2008年の場合)で、そのころになると、観光客がどっと押し寄せるのだ。(ちょっと前までは<2004年資料>、主に北陸越前ガニとして日本海側へ出荷されていたらしいが、現在は違うのかも知れない)

 福島魚連によると、太平洋側で捕れるのは主にベニズワイガニというもので、ズワイガニよりも赤色が鮮やかで、肉質はズワイガニにはやや及ばないらしい。ちなみに日本海側の水揚げ量も、ズワイガニの方がかなり少なく高価で取引されるそうだ。


 ズワイガニは皆さんも食べたことがあると思うので、ズワイガニの味がどうこう言うのはやめておこう。しかし、獲れたて茹でたての蟹は、さすがに旨い。冷凍のものとはかなり違うのだ。身がぎっしり詰まっているし、甘い感じがする。冷凍物ではあまり美味しくは無い足の付け根部分(肩というのか)も、生のズワイガニだと旨いのである。あ~、でも高いな~!。

 ‥ある日、とある店先で、福島産とロシア産のズワイガニが並んで売られていた。見ると、福島産はロシア産の数倍の値段が付いているのに驚いてしまった。
©名物に旨いものあり 2004-13