三重の名物、伊勢うどん
伊勢うどん
「やまと茶屋」の伊勢うどん
名物に旨いものあり > 三重の名物
有限会社オプト
三重県伊勢市二俣1-20-15

内容量:うどん240g1袋、特製たれ35ml1本

「原材料」
うどん(加熱殺菌):国産小麦・塩・水

たれ:たまり醤油(本醸造)風味原料(かつお節・さば節・あじ節・かつお粉末 砂糖 味醂 調味料(アミノ酸等)カラメル色素(原料の一部に小麦・大豆を含む)

賞味期限:2週間
伊勢うどん (三重)

 三重県の伊勢で食べられている「うどん」を「伊勢うどん」と言い、それはそれは、たいそう太くて柔らかい「うどん」なのだそうな。普通、うどんを作るときは、少量の水でコネてコネて腰を強くしたものが旨いと好まれるが、この伊勢うどんは水分をたっぷり含ませた生地を練り、後はゆっくりと水分を飛ばしつつ熟成させるらしい。

 その後、なんと、表面に凹凸を付けるため、1時間もかけて茹でるそうな。


 届いた伊勢うどんは、家で更に5分ほど茹でると出来上がり。そのぶっとい「うどん」に、添えられた(団子につけるような)甘いタレをかけると、旨そうな色合いに変身、シュワッ!。「1時間茹でて凹凸を付けた」と言うだけあって、タレが麺にへばり付くように絡んでくる。小ネギをパラパラッとふりかけて口に運ぶと‥、ほほう、噂通りに腰のない、ふんわりとした「うどん」だねー。

 なるほど、一風変わった「うどん」に間違いない。更にかつお節と刻み海苔、七味唐辛子をかけて混ぜ込み、のどに流し込んでみた。うーん、まだ慣れないが、慣れれば好きになりそうな予感がする。こりゃ、一人前(一玉)では足りないなー。二人前はいきたいところ。消化もかなり良さそうであるね。
©名物に旨いものあり 2010-14