徳島の名物、なると金時
なると金時
元祖・銘菓なると金時
名物に旨いものあり > 徳島の名物
(有)菓匠 孔雀
徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜563

名称:生菓子
品名:元祖 銘菓なると金時
原材料:さつまいも、黒糖、砂糖、クリーム(乳製品)、バター、鶏卵、小麦粉、白いんげん豆(手芒)、ベーキングパウダー

芋はビタミンC豊富
元祖なると金時 (徳島)

 徳島名産の「なると金時」は、鮮やかな紅色の皮と黄色のボディーが特徴で、全国的に知られるおいしいサツマイモである。その美味しさが金時豆に似ていることから、その名がつけられたそうで、ミネラル豊富な鳴門の海砂を利用した畑が、この芋を育てるのに適しているのだそうな。

 そして、この芋を模したお菓子が「銘菓なると金時」。どんなお菓子なのか興味津々で注文したのである。


 包みを開けると、中は焼き芋の形の饅頭であった。匂いは普通の東京ひよ子の饅頭の風合いである。食べてみると、中には金時芋のデンプンのツブツブがわかる黄色い餡が入っていて、ちょっぴり芋の香りがするのだが、それほど、芋ぉ〜という感じでもない。何も知らずに饅頭だけを見せられて食べると、普通の素朴な饅頭だと思ってしまうかも知れないね。

 まぁ、なると金時を模したお菓子といったところではあるが、箱や包みがかなりの趣向を凝らしてあり、とっても面白いのである。お土産に貰ったら、「なんじゃこりゃ!」、と少しだけ驚いて楽しめる。
©名物に旨いものあり 2005-13