福井の名物、小鯛ささ漬
小鯛ささ漬
小鯛ささ漬 160g
名物に旨いものあり > 福井の名物
小浜海産物(株)
福井県小浜市川崎2丁目1-1

名称:小鯛ささ漬(そうざい)
原材料:キダイ(レンコダイ「国産」)、米酢、食塩

賞味期限:1週間弱
保存方法:要冷蔵(10℃以下) 化学調味料、合成保存料などは一切使用していない
小鯛ささ漬 (福井)

 福井名物を物産展などで見て回っていると、大抵出てくるのがこの「小鯛ささ漬」。またこの杉樽に詰まった小鯛が、おいしそうに見えるんだよね。値段がそこそこなゆえ、一見ご飯の上に小鯛が乗った寿司に見えるのだが、実際はちゃんと下まで小鯛がビッシリなのである。うーん、なんだかいい感じ。

 どうもこれは、昔、若狭湾でたくさん獲れた連子鯛(れんこだい)を酢漬けにして、京都や奈良へ運んだことから始まったそうな。また多数のお店で作られ、若狭の特産になっているという。


 塩と米酢に浅く漬けただけの(と思われる)小鯛をそのまま食べてみると、案外あっさりしていて、生臭くもなく、そう多くは食べたいとは思わないが、食べられなくもない。切り身一枚が寿司ネタぐらいの大きさで、杉樽が茶筒ぐらいだと想像して欲しい。

 一応、寿司にして貰ったりして食べてみたけれど、やはりワサビ醤油ぐらいが一番おいしいと思うね。わたしゃ塩分を控えるため酢醤油だけれど‥。この商品の良さは、気取らない、価格の安さなのだろう。これならお土産だけじゃなく、(おそらく)地元でも結構食べられているんじゃないかなー。

 ‥開けたら(開けなくても)、すぐに食べるべし。

食べ方)
1.そのままで、又わさび醤油のお刺身で
2.にぎり寿司、押し寿司の上身として
3.細切りにして甘酢に浸すなど酢の物として
4.お吸物の上品な椀種として
 ‥と書いてあった。
©名物に旨いものあり 2011-14