山梨の名物、元祖くろ玉
くろ玉
元祖くろ玉
Home > 山梨の名物
(株)澤田屋
山梨県甲府市向町375

品名:くろ玉
原材料:青えんどう、黒糖、グラニュー糖、小豆、寒天、カラメル
くろ玉 (山梨)

 昭和初期より販売され、山梨でしか手にはいらない逸品があると聞いた。それは「くろ玉」というお菓子。うまいとは聞いてはいないが、(何となくまた)騙されてみたくなったのである。山梨でしか売っていないとはいえ、今は「お取り寄せ」で、何でも手に入る時代なのだよね。


 届いた「くろ玉」。その怪しい黒箱には、武田信玄を思わせる文言が赤文字で並べられてあり、そしてまたその箱はズッシリと重いのである。箱を開けてみると、中は文字通りの黒い玉が整然と列をなし、それは玉羊羹(福島)にも似た姿なのである。だが、玉羊羹とは違い、下部は平面になっていて、黒いオバQ(キュウタロウ)のような形とも言える様子である。

 包んであるビニールを破いて、くろ玉を出して食べてみると、外側は黒色であるが中は緑色の二層になっていて、外側は黒糖の味わいのペーストで、中は青えんどう豆の餡であった。ふむ、これは羊羹などではなく、生菓子であるね。うーん、まんざらでもない。わたしゃ、好きである。
©名物に旨いものあり 2005-13