三重の名物、御福餅
御福餅
伊勢名物 御福餅
名物に旨いものあり > 三重の名物
(有)福餅本家
三重県伊勢市二見町茶屋197-1

名称:生菓子
品名:伊勢名物 御福餅
原材料:小豆、砂糖、餅米、酵素、保存料(ソルビン酸K)

消費期限:常温3日間
御福餅 (三重)

 伊勢名物、御福餅(おふくもち)。伊勢名物といえば赤福を連想するのであるが、忘れちゃいけない御福餅もありまするぞよ。過去に赤福をレポートしているが、この御福餅は見た目が赤福と本当にそっくりなんだよね。

 創業以来、二百有余年とホームページに書かれてあるので、赤福の300年より新しいことになる。しかし、200年以上もこの餅を作ってきたということは、とても素晴らしい。やはり、おいしいから生き残って来たのだろう。‥それでは、いただきましょう。


 ぬお〜!、外箱も赤福と同じ雰囲気で、ややもすると間違えるぞな。

 箱を開けると、期待通り、赤福と見まごうばかりの波型の餅が‥。おや、餅の大きさが2倍ほどあり、餡にみずみずしさがある。添えられてあったプラスチックベラですくい上げてみると、板底に餅がへばり付いていて、その餅の上にこしあんが乗っている感じである。難なく剥がして食べてみると、う〜ん、まぁまぁ旨い。普通のあんこ餅との違いは、あんこに水分が豊富で、少し白っぽく光るところだろうか。原材料には書いてないのだが、塩味も効いているような気がする。

 まぁ、ご利益があると思えば、またおいしいのである。お茶は必要だね。赤福とどっちがおいしいかって?。そりゃあなた、言えませんことよ。
©名物に旨いものあり 2005-14