名物に旨いものあり

秋田の名物、しょっつる
しょっつる鍋
しょっつる鍋
名物に旨いものあり > 秋田の名物
秋田県漁業協同組合
秋田県秋田市土崎港西一丁目5-11

しょっつるしょっつる原材料:
コウナゴやアジやイワシなど(ハタハタ100%の物もあるらしい)、塩

実際にしょっつる(瓶)自体を買ってみると、醤油を薄めたような茶色の液体で、「30-40倍に薄めて使用」と書いてあった。匂いを嗅いでみると、二度と嗅ぎたくないような匂いだった。

後でいろいろ聞いたところによると、ハタハタだけを原料にした「しょっつる」だとぜんぜん臭みが無く、おにぎりに付けて食べてもおいしいと。
しょっつる (秋田)

 しょっつる(塩魚汁)は、秋田を代表する調味料で、どうやって食するかといえば、しょっつる鍋にしていただくのが主な食べ方であろう。「しょっつる」といえば八森。八森といえば秋田音頭の冒頭が頭に浮かぶね。「秋田名物、八森、ハタハタ〜、男鹿でオガブリコ〜♪」。

 「しょっつる」は魚を塩で漬け込んで発酵させ、なんと2〜3年もの醸成工程を経て、骨が溶けて形がなくなった後に火を通して保存したもの。石川県能登のイシリ(イシル)、ベトナムのニョクマム、タイのナンプラーなどと同じ、魚醤というものなのである。


 男鹿半島の旅館で、しょっつる鍋を頼んでみると、中身は子持ちハタハタ、白菜、ネギ、しらたき、豆腐、えのき、春菊であった。半生が嫌だったので、ちゃんと火を通すと、ハタハタの卵(ブリコ)が硬くなってしまい、卵の殻だけをプチプチと食べる仕儀になってしまった。なので卵の旨みが汁に出てしまい、卵はあまり旨くは感じなかったのである。

 スープは透明で、味は寄せ鍋に似ている気がした。ハタハタは分かりやすく簡単に言うと、カレイに似た味に思える。秋田県人に言わせると、「カレイなんかに似ていない、これがハタハタの味だ。卵のプチプチも良い。ハタハタ自体を食べるなら、焼き魚が旨いぞ」という。

メモ)
 テレビで、地元の人がしょっつる鍋を食べているのを拝見。ハタハタの卵(ブリコ)を食べているのを見ると、紫色の卵を糸を引くようにして食べていた。なぬ、そんなに火を通さないうちに食べるんだなぁ。

p.s.
 「しょっつる」は業者が作って販売しているだけかと思ったら、ちゃんと八森の各家庭でも作られているそうだ。海で自ら捕ったハタハタを塩とこうじに混ぜ、3年寝かせ、火にかけ沸騰させた後、アクを抜いて出来上がり。
©名物に旨いものあり 2004-15