静岡の名物、うなぎパイ
うなぎパイ
うなぎパイ
名物に旨いものあり > 静岡の名物
(有)春華堂
静岡県浜松市鍛冶町321-10

名称:洋菓子
品名:うなぎパイ
原材料:小麦粉、砂糖、バター、植物油脂、うなぎ粉、ガーリック、フラクトオリゴ糖、ビタミンA、酸化防止剤(V.E)、香料
うなぎパイ (静岡)

 「浜名湖名産、夜のお菓子!うなぎパイ」とは何ぞや。いや〜、この意味深なフレーズ、人々の心をひきつけるね〜。うなぎパイというからには、それなりに理由があるのだろうと思うと、やはり、うなぎ粉(ウナギの中骨で取った出し汁を粉末にしたもの)が入っているらしく‥。

 まて、「夜のお菓子」の方はどうした?となるが、(精力が付くといわれる)うなぎ粉とガーリックが入っているから、と考えてしまうが、そうではないという。「一家だんらんのひとときを『うなぎパイ』で過ごしてほしい」と書いてあったのだった。いやこれは、オコチャマへの言い訳だと思うね、きっと‥。


 氷砂糖の小さいのがまぶしてある、細長い渦巻きパイのお菓子を食べてみると、サクサク、パリパリ、おいしく元気良くどこまでも行ってしまいそうで、なかなか止まらない。これが見た目とは違い、そんなに甘くはないテイスト。この味わいは、どこかで食べたような‥。(あのハートの形の)源氏パイに似ているなー。

 「名物に旨いものなし」とも言われるが、これは意外といける。癖になりそうだ。お土産には最高だねー。
©名物に旨いものあり 2004-14