神奈川の名物、番餅(バンピン)
番餅
重慶飯店の番餅
Home > 神奈川の名物
製造者:龍門商事(株) 重慶飯店
神奈川県横浜市都筑区東山田4-43-17

品名:番餅
原材料:小豆、砂糖、小麦粉、クルミ、水飴、バター、鶏卵、菜種油、エバミルク、チーズ粉(大豆含む)、着色料(クチナシ、炭末)

賞味期限:約3週間

番餅

(神奈川)

 横浜のお土産を探していたところ、神奈川県指定銘菓(2009年)に選ばれたという、中華四川料理・重慶飯店の番餅(バンピン)というお菓子に出会った。見たところ何やら重厚で、いったい何なんだろうと思わせる不思議な姿なのである。しかも売り場には「お店の売上ナンバーワン商品」と、堂々と掲げられていた。

 重慶飯店は、「1959年に横浜中華街で唯一の四川料理店として開業した老舗」と、組合などのHPで紹介されている。ちなみに、横浜中華街には数多くの中華料理店があるが、なかでも老舗として一般に知られているのは、菜香、聘珍樓、大珍樓、であるそうな。‥高いんだろうなー。


 初めて見た番餅は、中に黒いあんがギッシリと詰まっていて、周りが黄色い生地で包まれ、上部面にはクルミがビッシリと乗せられている。匂いをかいでみると、甘いお菓子の匂いだ。食べてみると、おう、これは月餅の風味と食感であるなー。粘り気の無い不思議な黒あんは、小豆に黒ゴマを混ぜたふうなのだが、原材料をみると黒ゴマは無く、炭末という着色料が使われている。(日本人の私は)なぜ小豆を黒色にするのか、一度聞いてみたい気がするが‥。あと、黄色い生地は、やわらかでしっとりしたタルトの風合いかな。

 まあ味の方は、見た目よりあっさりした感じであるが、言うまでもなく栄養満点、間違いなし。旨いことにも間違いなし。‥クルミと、かすかに香るミルクの風味から、エキソンパイ(福島)と支倉焼(宮城)が記憶の底から浮かび上がってきた。
©名物に旨いものあり 2010-13