名物に旨いものあり

播州素麺 を実食
播州そうめん
播州素麺・極上播龍
Home > 兵庫の名物
/ クチコミ
たなびき製麺
兵庫県姫路市白浜町甲841-48

名称:そうめん
原材料:小麦粉、食塩

賞味期限:2年6ヶ月

保管:パックして冷蔵庫で(高温や湿度を嫌うから)

調理:梅干しと一緒に茹でる(クエン酸効果で麺にコシ)

播州そうめん

(兵庫)

 夏といえば「そうめん」だ。「そうめん」は何故か夏に食べると旨い。その理由は言うまでもなく、冷やして食べられるからだよね。日本の三大そうめんといえば、三輪素麺(奈良)、小豆島素麺(香川)、播州素麺(兵庫)と言われているが、なぜか皆、関西なのだな~。んー、暑いから?

 そうそう、意外だが「そうめん」の一番の食べ頃は製造から2~3年後だという。それらは古物(ひねもの)と呼ばれ、新しいものに比べて「コシが強く、茹でのびしにくい」と。もし、今年の食べ残しができても、捨てたり無理して食べたりしないで、とって置こう。‥勿論、袋を開けたらダメじゃよ。


 で、その中から今回は播州素麺を食べることにしたのであるが、播州素麺の手延素麺「揖保乃糸」は全国に出荷されているので、スーパーマーケットでよく見かけるもの。それを食べたのでは面白くないので、琥珀色の麺の播州そうめん(α麺:よく知らんけど)を食べること‥。

 その素麺を茹でてみると、見た目がビーフンのような少し透き通った感じで、断面が丸っぽい麺である。食べてみると、さすがに細いので麺つゆを多く吸い上げ、麺つゆの味を際立たせる。これを普通に食べると、取り立てて旨いというほどでもないと思うが、実のところ、昨日食べた別のそうめんより、かなり旨いと感じる。食べ比べると違いが分かるのだな~、やっぱし。

 丸い麺なので、麺と麺の中に均等な空間ができ、見事な食感に(まあ、どれも同じかもしれないが‥)。風味を語るのは難しいが、長年培われた洗練されたものがあるのだろうと。
©名物に旨いものあり 2004-17rw
投稿へ

播州素麺(兵庫)


  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)

コメント

「そうめん」と「ひやむぎ」、微妙に味が違うことが判明!

なんと、「ひやむぎ」と比べると、「そうめん」の方がびみょ~に甘味が低い傾向にありました。また「そうめん」と「うどん」では甘さが明確に違ったのです!

http://news.livedoor.com/article/detail/11768965/

(投稿者 匿名 さん / 2016年07月16日)

「夏はそうめん」がピンチ? うどんに押され12か月連続の生産減少

農林水産省の食品産業動態調査によると、2016年4月の生麺類の生産量(小麦粉使用量)は、前年同月と比べて2.3%とわずかに増えた。一方、乾麺類の生産量(同)は、うどんやひやむぎ、そうめん(手延そうめんを含む)の減少が原因で8.2%と大きく減った。

生麺類の生産は2013年以降、増加傾向だが、乾麺類は横ばいから減少傾向乾麺のうどんも前年比で減少傾向にはあるが、そうめんだけは直近の12か月連続して前年を下回っている。

全国乾麺協同組合連合会は、「麺好きは元来、コシがあって食べごたえがある太麺を好む傾向にあります。そのため、以前からそうめんのような細麺よりも、うどんを好む傾向にあります」と説明している。

http://www.j-cast.com/2016/07/05271614.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年07月05日)

「USS-1グランプリ」のUSSって何? なぜ岩崎宏美さん? 初の“全国そうめんサミット”

 夏といえばそうめん。それなのに、なんだか地味なイメージがぬぐえない。そんなそうめんを主役に据え、一緒に乾めんの魅力をもPRしてしまおうという「全国そうめんサミット」が、2016年5月21、22の両日、そうめんブランド「揖保乃糸」の一大産地であるたつの市で開かれた。

 サミット最終日の22日に開催されたのが、冒頭の岩崎宏美トーク&歌謡ショーだ。なぜ岩崎さんなのか。それはひとえに、「揖保乃糸」のCMソングを歌っているからだ。これまでに「時の針」「歌になりたい」「光の軌跡」を提供し、現在は童謡「ふるさと」をカバーしている。ロマンスに続けてふるさとを含む童謡メドレー、光の軌跡を披露した。

http://dot.asahi.com/dot/2016052600046.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月28日)

寒風に輝く白いそうめん 「揖保乃糸」生産ピーク

 「揖保乃糸(いぼのいと)」の産地、兵庫県たつの市や姫路市で、そうめん作りが本格化している。空気が乾き、冷え込みが厳しくなるこの時期の風物詩。姫路市安富町の有末強さん(61)の工場では、前日に仕込んだ材料を早朝から細長く延ばし、日が出ると外で乾燥させる。今では珍しい天日干しの工場だ。兵庫県手延素麺(そうめん)協同組合によると、今年の猛暑で来年分の在庫まで需要が食い込み、作業のピークは来年2月ごろまで続くという。

(投稿者 カムラオ さん / 2010年12月10日)

兵庫県揖保の糸の偽者素麺です皆様ご注意

(投稿者 おこじょ さん / 2009年08月15日)

琥珀麺超おいしかったです。

(投稿者 たか さん / 2006年05月10日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。