北海道の名物、コアップガラナ
コアップガラナ
コアップガラナ 北海道限定
Home > 道南の名物
(株)小原函館工場
北海道亀田郡七飯町字中島29-2

品名:炭酸飲料
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、ガラナエキス、カラメル色素、酸味料、香料
コアップガラナ (北海道)

 コアップガラナは、北海道ではメジャーな飲み物なのである。本州でコカコーラが流行した頃、北海道ではコアップガラナが流行したわけで。そういえば後にペプシコーラが出て来たが、その時にあったドクターペッパーなどは何処に行ったのだろうか。(ドクターペッパーは日本でも健在。ミリンダは中国や東南アジアで健在のようである。)

 ガラナは中南米アマゾン川の流域に自生する植物で、現地インディオの間では不老長寿の薬とされ、現代の日本では滋養強壮剤として用いられているそうな。


 色はコーラ色、フタを開けると「プシューッ!」、やっぱりコーラと同じ音だな~。匂いはコーラのような、ドクターペッパーのような、そんな感じ。飲んでみると、む、意外とおとなしい味。薄いコーラ味(炭酸は多い)と飲み慣れない独特の香り。私の記憶の中から似た匂いを引っ張り出してくると、タンスのショウノウになってしまった。‥これは間違いかなー。

 うん、これは飲み慣れると、やみつきになる人もいるような風味。(私は)そんなに飲みたい訳でもないが、飲んでもよい(悪くはない)テイストかなー。コーラよりさっぱりしていると思う。
©名物に旨いものあり 2007-14