福井の名物、羽二重餅
羽二重餅
羽二重餅
Home > 福井の名物
マエダセイカ(株)
福井県吉田郡永平寺町松岡吉野35-21-1

名称:菓子
品名:白餅 羽二重 風呂敷
原材料:餅粉、砂糖、水飴

賞味期限:30日
羽二重餅 (福井)

 羽二重餅(はぶたえもち)って、いったいなんだろう。興味をそそるネーミングだ。由来は、「真珠のような優雅な光沢の福井の絹織物、羽二重織の肌触りを、そのまま餅にした」ということらしい。

 どうも「羽二重餅」という餅米もあり、それはなぜか滋賀県で作られ、またその餅はすばらしく美味しいという。あ~、食べてみたい。でも、今回はお菓子の羽二重餅だ。‥ちなみに、求肥(ぎゅうひ)と言われるものも、同じ餅(お菓子)である。


 この風呂敷包みに重量感があり、持ち応えがあるというか、商品を買った満足感がある。妙な所に人は感心するものだ。

 包みを開けてみると、白い粉々で包まれた餅が10分割されて入っていた。付属の竹ようじでつまみ上げると、ズッシリとした重さを感じる。食べてみると、餅は透明で白っぽく、水飴の入った柔らかいものだが、高級感が漂う不思議な餅なのだ。なんか、でも、うまいなー。表面の粉々に、ちょっぴり甘味あり。うーん、やはりこれはお菓子かなー。
©名物に旨いものあり 2004-13