名物に旨いものあり

花咲蟹 を実食
花咲がに
花咲かに弁当(JR稚内駅)
Home > 道北の名物
/ クチコミ
(有)ふじ田
北海道稚内市中央3丁目6-1

名称:弁当
品名:花咲かに弁当
原材料:米、花咲蟹、いくら、ほたて、鶏卵、椎茸、生姜、醸造酢、醤油、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、食塩、みりん、米麹・醸造調味料、かつおだし、澱粉、酒、発酵調味料、アルコール、(原材料の一部に小麦、大豆、鯖由来を含む)、調味料(アミノ酸等)、着色料(野菜色素、カラメル、カロチン)、甘味料(ステビア、ソルビット)、保存料(ポリリジン)、グリシン、グリセリンエステル、酸化防止剤(V.C)、リン酸塩(Na)、酸味料、pH調整剤

※本来は道東の分類ですが、この弁当が稚内で作られていることから、道北の分類にしています。

花咲蟹

(北海道)

 花咲ガニ(はなさきがに)は、たまにテレビ等でその存在が伝えれるが、実際に見たことも無ければ食べた事も無い。そのカニは小さなタラバガニのような姿で、トゲトゲが鋭(するど)そうな蟹なのである。生ではタラバガニのように黒っぽいが、茹でると真っ赤になり、まさに花が咲いたように見える。それが名前の由来のように思えるが、根室の花咲港で沢山水揚げされることも由来の一つのようだね。

 北海道の東北部以北の浅い海に生息するが、国内では根室を中心とした道東沿岸部でしか水揚げされないため漁獲量が少なく、貴重な蟹になっている。漁期(解禁日)は、なんと夏。7月中旬からの1ヶ月と、9月上~中旬まで(北海道観光振興機構2008資料)。


 「花咲かに弁当」(で失礼します)
 その弁当は、小さいながらシャレた箱(発泡スチロール)に入っていた。匂いをかいでみると、やっぱりカニの匂いがする。足の肉と思われる塊(かたまり)を食べてみると、うん、こりゃ気のせいか毛蟹の風味にも似ている感じだ。プリプリとした細かい繊維も毛蟹に似ているね。蟹の下にある味付けご飯と一緒に食べてみると、うーん、こりゃ旨い。

 弁当箱の半分程度しか入っていないので、味見程度で終わってしまい、心のモヤモヤが残った。これでも花咲ガニを食べた気持ちになったが、これだけでは花咲ガニを語れやしない。でも、残りの半分も旨しでござる。特にちっちゃなホタテが佃煮風味で旨いのよ。

メモ)
 花咲蟹は昆布を食べるそうで、地元では昆布蟹とも呼ばれるそうな。蒸して食べるのが一般的。茹でるよりも旨いから‥。
©名物に旨いものあり 2008-13
投稿へ

花咲蟹(北海道)




コメント

「花咲ガニラーメン」復活 むき身入り、道の駅で発売

 花咲ガニを使ったカップラーメンの販売が1日、道の駅スワン44で始まった。道の駅を運営する根室市観光開発公社が開発し、カニのむき身を加えた。

 道の駅では2014年5月まで、根室商工会議所青年部「創陽クラブ」と帯広の製麺会社が開発した花咲ガニのカップ麺を販売。売れ筋だったが、製造中止となったため、開発公社が新たな商品の開発を決めた。

開発公社は「根室らしさにこだわった。花咲ガニの風味が感じられるようあっさりした味にした」と話している。1個450円。

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月04日)

花咲ガニ種苗生産技術を確立 根室市水産研究所

花咲ガニの資源増大に取り組んでいる市水産研究所が、水槽でふ化させた幼生を稚ガニまで飼育し、放流する種苗生産技術を確立した。今季の稚ガニ生残率はこれまでで最高の89・5%に上り、同研究所は「安定的に生産できるレベルに達した」とした。4月28日には市内友知の沿岸で稚ガニ約16万匹を放ち、今季の放流事業を開始した

(投稿者 匿名 さん / 2015年05月02日)

真っ赤な旬、味は濃厚 根室でかに祭り開幕

特産の花咲ガニを味わう「根室かに祭り」(根室市観光協会主催)が7日、根室市の根室港特設会場で始まり、大勢の来場者が旬の味を楽しんだ。

 花咲ガニは、漁業者が減船や漁期短縮など自主規制に取り組んできた結果、ここ数年は増加傾向にある。祭りには、例年と同じ約6トンのカニが用意された。

 会場には午前8時の販売開始に合わせ、多くの観光客らが押し寄せ、真っ赤にゆで上がったカニを買い求めていた。価格は1匹2千~4千円で、「市価より2割ほど安い」(カニ販売店)。8日まで。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年09月09日)

5・7キロの巨大花咲ガニ

 北海道根室市の歯舞漁港で重さ5・7キロの巨大な雄の花咲ガニが水揚げされ、地元の漁業関係者を驚かせている。歯舞漁協組合員の成田勝則さん(66)が納沙布岬の北約2キロの沖合に仕掛けたかごで16日朝、捕獲した。

 漁協などによると、花咲ガニは通常1キロ前後、特大でも2キロ程度。成田さんは約5年前にも5キロ超の大物をつかまえたが「カニ漁30年で今回が最大だ。カニの主ではないか」と話す。

 濃厚な味で人気が高い花咲ガニだが、成田さんは「食べるのはもったいない」として現在、いけすで保管中。水族館や研究機関から提供の要望があれば無償で寄贈する考えだ。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年08月17日)

花咲ガニ漁始まる

 夏の味覚、花咲ガニの漁が北海道根室半島沿岸で始まり、根室市内の3港に12日、初水揚げされた。地元鮮魚店の店頭には、真っ赤にゆで上がったカニが並んだ。

 花咲港には約4トンが水揚げされ、花咲水産物地方卸売市場で行われた初入札の結果、メスは高値が1キロあたり1569円、オスは同1429円で取引された。

 同市内の鮮魚店「茂勝」には、落札した花咲ガニがゆで上げられ、子持ちのメスは2000円前後の値札がついた。同店は「今年は身の入りもまずまず。これからお中元で買い求める客が増える」と話していた。

 花咲ガニの漁期は9月20日まで。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2010年07月29日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。