名物に旨いものあり

ひよ子 を実食
東京ひよ子
ひよ子
Home > 東京の名物
/ クチコミ
(株)東京ひよこ
東京都台東区上野2丁目7-7

名称:菓子
原材料:隠元豆、糖類、小麦粉、卵、ソルビット、膨張剤、着色料(ビタミンB2)

ひよ子

(東京)

 「ひよ子」は、昔の東京みやげでは、定番中の定番みやげであったと思う。でも最近はこれを買ってくる人が少なくなったように思うね~、自分の周りでは‥。あまりにも有名すぎて芸が無いからかなぁ。‥いや待てよ、その姿かたちの魅力は永遠、不滅、小さな子どもたちには、今でも人気のおみやげなんじゃないかな~。

 以前、福岡に行ったときに、何故かこのお菓子が同じ名前で売られていたのを見つけた。うん?「ひよ子」は東京ではなかったか? どう見てもあのお菓子なんだけど。‥実はこの「ひよ子」、福岡が発祥で、東京にも会社を創って販売し、その後、東京名菓にもなったのだとか。それと、このお菓子は人気があるゆえ、類似品が沢山あるんだよね~。


 包みを開けると、つるっとした可愛らしいヒヨコが出てきた。と、それはピヨピヨと聞こえて来そうな空気に、旨そうな香りも漂わせる。そこへゴジラにでもなった気分の自分が現れ、ヒヨコどんにかぶり付く。むぅ、これはぁ、久しぶりに食べたが、なんというか洋風の饅頭といった風味で、薄い生地の中に、白っぽい甘いあんが沢山入っているのだね~。んー、最近ではこの手のお菓子によく出くわすな~。

 この味は昔から変わっていないのだろうか、今ではかなり甘く感じるお菓子である。これはお茶が必要だぞ~。
©名物に旨いものあり , 18rw