岩手の名物、磯ラーメン
磯ラーメン
三陸 磯ラーメン
Home > 岩手の名物
岩手県~宮城県の三陸海岸で出されるラーメン。実際のところ、北三陸に多い。

名称:海鮮ラーメン
原材料:塩ラーメン一式、ムール貝、真昆布、わかめ、まつも、ふのり、岩のり、蟹、海老、アサリ等

磯ラーメン

(岩手)

 三陸名物、磯ラーメン。まあ全国的には海鮮ラーメンとか、魚介ラーメンとか呼ばれるラーメンであるが、三陸では磯ラーメンと呼ぶのである。

 磯とは、海岸の石ころ等がころがる岩場などを指す言葉。三陸リアス式海岸は、まさにその磯の宝庫、磯だらけなのである。その磯で多く採れる海藻をたっぷり乗せたのが、文字通りの磯ラーメン。なんとも粋なネーミングだね。それはマツモやフノリ、ワカメ等の海藻が沢山入った、さっぱりした「磯の香り」が持ち味の塩ラーメン。この「磯の香り」も磯ラーメンの由来でもあるに違いない。三陸磯ラーメンは、海藻が入ること以外に、ムール貝が入っていることも多いのだよね。

 たぶん昔の磯ラーメンは蟹とか海老とか入っていない、質素で値段も安いものだったと思う。今は時代の流れで、豪華な磯ラーメンも多くなったよね~。


 (とあるお店の磯ラーメンを‥)
 見ると、器の中が色とりどりで、それはとてもニギヤカ。磯の産物が満載で、見るからに美味しそう。

 スープを一口飲んでみると、まさに磯の香りが口一杯に広がるんだね~。うーん、うまい。基本塩味なんだけれど、この(他にはない)磯の香りがなんとも言えないのである。これは本格派の三陸磯ラーメンであるね。塩ラーメンにラー油を入れると美味しくなるのだが、これならラー油なんて入れられない。そしてラーメンをすすりながら、海の幸を一つずつ堪能するのが、また最高なんだよね~。何はともあれ、やっぱり三陸に来たら、磯ラーメンなのさ~。

 ‥海鮮ラーメン系は、たまにハズレがあるので注意。でも、それがまた楽し。
©名物に旨いものあり 2004-17rw