神奈川の名物、かまくらカスター
かまくらカスター
かまくらカスター
Home > 神奈川の名物
(株)鎌倉ニュージャーマン
神奈川県鎌倉市上町屋211

名称:生菓子
名称:かまくらカスター(カスタード)
原材料:卵、牛乳、砂糖、生クリーム、小麦粉、ハチミツ、植物油脂、コーンスターチ、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

保存方法:要冷蔵10℃以下で保存
消費期限:届いた時点で2日後

かまくらカスター

(神奈川)

 カステラ?、はたまたカスタード?。そんなベタなネーミングの「かまくらカスター」は、カスタードやチョコなど、20種類以上のクリームを包み込んだスポンジケーキのお菓子なのである。お店は主に鎌倉・湘南地域にあり、神奈川県内や東京のデパートなどにも進出しているそうな。

 たまたま見た(公共の)鎌倉市役所のHPに、鎌倉の洋菓子お土産の定番「かまくらカスター」と堂々と書いてあったので驚いた。誰も意義を唱えないところをみると、正真正銘の定番なのだろう。


 茶饅頭より一回り大きい饅頭型スポンジケーキは、見た感じの通りカステラの匂いがする。半分に(無理に)切ってみると、中から淡く色付いたクリームがとろ~り。食べてみると、おう、これは旨い。食べる前は「萩の月(仙台)」に似たものかな~と思っていたが、食べてみるとシュークリームの風味に近いような‥。

 クリームは後から注入するらしく、中で結構な片寄りあり。でも、このクリームが旨し。甘さ控えめな分、数が行きそうじゃね。むー、要冷蔵なので、あまり遠くまでは行けませぬな。
©名物に旨いものあり 2013