鹿児島の名物、かるかん
かるかん
鹿児島銘品 かるかん饅頭
Home > 鹿児島の名物
/ クチコミ
(有)九面屋
鹿児島県霧島市国分野口東1-8

名称:蒸し菓子
品名:かるかん饅頭
原材料:砂糖、山芋、米粉、小豆、卵白

殿様菓子とも呼ばれる鹿児島伝統のお菓子。山芋、かるかん粉(米粉)、砂糖をあわせて蒸し上げる。

かるかん饅頭

(鹿児島)

 薩摩名物かるかん(軽羹とも書く)は、鹿児島ではとってもポピュラーなお菓子で、”かるかん”を作っているメーカーもたくさんあり、なんと家庭でも作られる逸品なのだそう。しかも、その材料である”かるかん粉”(*1)も売られていたりすると。”かるかん”は元々、羊羹のような棒状のものだったらしく、その後、あんこなどを入れた饅頭が出現したらしい。また、いまでも棒状の”かるかん”が売られていて、そのピュアな”かるかん”の風味がいとおしいそうで‥。

 なんちゅうか、原材料に米粉と山芋を使用し、混ぜて蒸した、その発想が素晴らしい。‥後日いろいろ見聞きしていると、九州地方の料理では山芋を料理のつなぎに使うことが、しばしばあるみたい。

*1:かるかん粉は、うるち米を乾燥させたもので、上新粉よりも少し粗いものだと。


 その簡易的で中身丸見えの明けっ広げな包装に、少し閉口した。まあ、それほど身近であるという事なのかも知れないけどね。して、かるかんは真っ白なスポンジ系の生地のまんじゅうで、中のあんこは普通のこしあんのようである。その生地はカステラのようでもあり、蒸しパンのようでもある感じ。また匂いをかいでみると、少し山芋の香りもするような、なんだかとても不思議なまんじゅうなのである。

 して、食べてみると、なんじゃこりゃ、今までに食べたことが無い味わい。おいしいような、そうでもないような、いったいどっちなんだろうと。今まで食べた饅頭の中で一番甘味が少ない、大人の味なのだぞよ。うーん、でも記憶に残る食味でもあると。これはやっぱり郷土の味、ソウルフードなんだろうな~。
©名物に旨いものあり 2005-17rw