山梨の名物、勝沼ワイン
勝沼ワイン
シャトー勝沼ワイン 勝沼産100%
Home > 山梨の名物
(株)シャトー勝沼
山梨県甲州市勝沼町菱山4729

名称:果実酒
品名:シャトー勝沼ワイン 勝沼産100%(赤)
原材料:ブラック・クイーン(勝沼産ぶどう100%使用)、アルコール分15%未満、酸化防止剤含有(亜硫酸塩)

ぶどう:産地 山梨県勝沼町
生産者:今村 英勇
栽培法:有機栽培
ワイン製造法:手作り、少量生産

甲州・勝沼ワイン

(山梨)

 日本のワインといえば、甲州・勝沼ワインが自他共に認める日本のトップブランドである。ワインに精通していない私が勝沼ワインを調査し始めると、なんと、勝沼ワインでも外国産のワインを混ぜて販売していることが多い、ということを知ってしまった。なぬっ、そうなのか。そんな訳で、勝沼産100%にこだわって、勝沼ワインを買い求めたのである。

 買ったら、とりあえず冷蔵庫に入れて置こうなんて考えていたら、次のような注意書きが‥。

 保存は、次のような冷暗所に保管し、冷してから飲む。
白ワイン 6~10℃
赤ワイン 17℃前後
バンローゼ 8~10℃
 あぁー、ワインとは難しいものだなぁ~。生きているんじゃな、こりゃ。


 本当は白ワインの方が好きなのだが、ポリフェノールが多く含まれることから皆さんにも人気のある、赤ワインを飲んでみることに‥。グラスに注いで匂いをかいでみると、あの独特な酸っぱい香り。少し口に含んでみると、やはり酸っぱい風味。でもなんか飲みやすく、いい具合いである。ワインは(慣れないうちは)酒というよりも薬を飲んでいる感じさえあるのだが、次第に酔ってくるのだから不思議なのだ。

 なんか飲むほどに旨い。この渋みと苦味と酸っぱさが、食欲をそそるように思う。ワインは、酒とは違う種類の飲み物に思えてきた。

メモ)
 テレビでワイングラスの番組を見た。ワインをあのチューリップ型グラスで飲むことには、ちゃんと意味があるそうな。どうも、あの形だとワインの香りがグラス内に程よく留まり、スワリング(回す)により、また香りが増すらしい。なるほど、ワインは香りを楽しめ、ということなんだね。

その2)
 ワイン用の葡萄の木は、実を少なくして養分を凝縮させているのだそうな。甲州のとある葡萄の木では、通常500房付くところを20房にしているのだとか。また、ワインは元々葡萄に付いている自然酵母(野生酵母)で発酵させたりするんだよね。
©名物に旨いものあり 2005-13