名物に旨いものあり

勝沼ワイン を実食
勝沼ワイン
シャトー勝沼ワイン 勝沼産100%
Home > 山梨の名物
/ クチコミ
(株)シャトー勝沼
山梨県甲州市勝沼町菱山4729

名称:果実酒
品名:シャトー勝沼ワイン 勝沼産100%(赤)
原材料:ブラック・クイーン(勝沼産ぶどう100%使用)、アルコール分15%未満、酸化防止剤含有(亜硫酸塩)

ぶどう:産地 山梨県勝沼町
生産者:今村 英勇
栽培法:有機栽培
ワイン製造法:手作り、少量生産

甲州・勝沼ワイン

(山梨)

 日本のワインといえば、甲州・勝沼ワインが自他共に認める日本のトップブランドである。ワインに精通していない私が勝沼ワインを少し勉強してみたら、なんと勝沼ワインでも外国産のワインを混ぜて販売していることが多い、ということを知ってしまったのだ。なぬっ、そうなのか~。そんな訳で、勝沼産100%にこだわって、勝沼ワインを買い求めてみたのである。

 ちなみに、国産ブドウを100%使用して国内で製造されたワインを「日本ワイン」と呼び、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」と呼んでいるらしい。


 買ったら、とりあえず冷蔵庫に入れて置こうなんて考えていると、次のような注意書きが‥。

 保存は、次のような冷暗所に保管し、冷してから飲む。
白ワイン 6~10℃
赤ワイン 17℃前後
バンローゼ 8~10℃
 あ~、ワインとは難しいものだなぁ~。生きているんじゃな、こりゃ。

 本当は白ワインの方が好きなのだが、ポリフェノールが多く含まれることから皆さんにも人気のある、赤ワインを飲んでみることに‥。して、グラスに注いで匂いをかいでみたら、あの独特な酸っぱい香り‥。少し口に含んでみると、やはり酸っぱい風味。でもなんか飲みやすく、いい具合いである。ワインは(慣れないうちは)酒というよりも薬を飲んでいる感じさえあるのだが、次第に酔ってくるのだから不思議。

 そのうちに変化が‥。なんか飲むほどに旨い。この渋みと苦味と酸っぱさが、食欲をそそるように思う。ワインは、酒とは違う種類の飲み物に思えてきた。‥酔っているね~、こりゃ。

メモ)
 テレビでワイングラスの番組を見た。ワインをあのチューリップ型グラスで飲むことには、ちゃんと意味があるそう。どうも、あの形だとワインの香りがグラス内に程よく留まり、スワリング(回す)により、また香りが増すらしい。なるほど、ワインは香りを楽しめ、ということなんだね~。

その2)
 ワイン用の葡萄の木は、実を少なくして養分を凝縮させているのだそうで。甲州のとある葡萄の木では、通常500房付くところを嘘かマコトか20房にしているのだとか。また、ワインは元々葡萄に付いている自然酵母(野生酵母)で発酵させたりするそうなんだよね。
©名物に旨いものあり 2005-17rw
投稿へ

甲州・勝沼ワイン(山梨)




コメント

12種の「日本ワイン」に舌鼓 各国首脳におもてなし

 2日間にわたり開かれた伊勢志摩サミットの食事会などでは、12種の「日本ワイン」が振る舞われた。数ある国内産の中から厳選し各国首脳をうならせたのは、ワインをテーマにした漫画「神の雫」の著者樹林伸さんら7人の選考委員だった。

 ワインは、醸造が盛んな山梨、長野両県のほか、山形県の生産者からも届けられた。提供される料理に合わせ、おいしいと思えるものを提案しあった。

 国産ブドウ100%で、国内で製造された「日本ワイン」は、海外でも注目されているという。選考委座長で酒類総合研究所理事長の後藤奈美さんは「ワイン主要生産国の欧米の首脳に、日本でもすてきなワインが造られていることを感じてほしかった」と語る。

 夕食会前に首脳らに出されたスパークリングワインは、山梨県のワイナリー「勝沼醸造」が2年以上熟成させ、完成した力作。きめ細かい泡が長時間持続するのが特徴だ。

http://www.sankei.com/politics/news/160527/plt1605270075-n1.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月28日)

廃線トンネル観光スポットへ…大月・猿橋の近く

 廃線トンネルを活用した例では、隣の甲州市に「大日影トンネル遊歩道」(約1・4キロ)がある。中央線として1903年に開通し、97年の廃線後、市が2007年、遊歩道として活用を始めた。甲府側から入り、大月側に抜けた先には同じく廃線トンネルを活用したワインを貯蔵できる「勝沼トンネルワインカーブ」も設置。勝沼トンネルワインカーブを管理する甲州市勝沼ぶどうの丘によると、ワインカーブの14年度の来場者は1万6000人で、15年度も1月末時点で約1万3000人が訪れている。

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月03日)

中央葡萄酒、世界への挑戦 “最良の環境”地下貯蔵庫で長期熟成

 中央葡萄酒(ぶどうしゅ)(甲州市勝沼町)が高品質ワインの拠点として、ブドウ栽培からワイン醸造までを一貫して行っている北杜市明野町の「ミサワワイナリー」に昨年末、ワインカーヴ(貯蔵庫)が完成した。全国的にも珍しい地下式のカーヴだ。最良の環境で長期熟成させ、西欧など世界で認められるワインの供給を続けていくという。

http://www.sankei.com/region/news/160122/rgn1601220023-n1.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月22日)

シャトー勝沼
株式会社 シャトー勝沼
    1965
  KATSUNUMA
    WINE
  白
上記のワインの赤と白720mlのもの
現在如何程するものでしょうか

(投稿者 松本 隆 さん / 2006年06月30日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。