東京の名物、きんつば
きんつば
大江戸きんつば
Home > 東京の名物
(株)大江戸
東京都足立区扇2-8-5

名称:菓子
品名:大江戸きんつば
原材料:小豆、砂糖、小麦粉、寒天、食塩、乳化剤、白玉粉、山芋

きんつば

(東京)

 「きんつば」は、今ではかなりシブイ日本菓子になってしまった、そんな無情な響きあり。今の若い人々は「きんつば」を知っているのであろうか。まあそれは置いといて‥。

 「金つば」があれば、「銀つば」もあるのではないか?と思っていると、元々は京都で作られた「銀つば」が、江戸に渡って(縁起が良いので)「金つば」という名前になったようなのだ。刀のツバに似せた丸い形が元々の形だったが、今では(箱に詰めやすいからか)四角い形が主流になり、更に「銀つば」も「金つば」も、区別が無くなってしまったそうな。


 近所のスーパーのマイナーな小物産にて発見したものを実食‥。

 大きさは、まあまあよく見かける’きんつば’の様子。外側が薄い皮で包んである「きんつば」には、大江戸の焼印が押してあった。食べてみると、中は寒天状のものに包まれたあずきあんが入っていて、かなりさっぱりした風合いだが、あずきの風味が感じられる、ほど良い甘さの焼き菓子だ。

 物足りないといえば、そうでもあるし、シンプルで良いといえば、そんな気もする。羊羹でもないし、饅頭でもない。ゆべしでもないし、ういろうでもない。やはり「きんつば」は、独特の味わいなのである。冷やして食べてみて分ったのだが、簡単に言うと(中身は)水ようかんに似ているかも知れないね。
©名物に旨いものあり 2005-14