広島の名物、蜜饅頭
蜜饅頭
蜜饅頭
Home > 広島の名物
/ クチコミ
蜜屋本舗(株)
広島県呉市中通3丁目5-10

名称:まんじゅう
名称:蜜饅頭
原材料:小豆生餡、白生餡、砂糖、小麦粉、卵、蜂蜜、水飴、トレハロース、膨張剤

賞味期限:約4週間

蜜饅頭

(広島)

 言わずと知れた海軍の町、広島県呉市。そこの老舗お菓子屋、蜜屋本舗が作る蜜饅頭(みつまんじゅう)は、この地域の名物お土産なのである。生地は水を使わず鶏卵のみを使った「玉練り」という製法で、小豆餡と白餡の2種類を包んだ饅頭がセットで売られている。呉市内は勿論のこと、広島市内などでも見かける、広島県の有名銘菓の一つなのじゃ。


 見れば普通の小ぶりの茶まんの風合い。匂いは「ひよ子」(東京・福岡)系の香りがするね。小豆餡から食べてみると、どこにでもあるありふれた饅頭の中に、ハチミツの香りがちょっと忍び、生地がネットリする甘系の蜜饅頭である。白餡の方は中の餡子も含めて、より「ひよ子」に近い感じもする。

 て、あまりかんばしくない様に書いてしまったが、これはこれで意外に美味しく、なんちゅうか奥深い風味があるように思う。甘いお菓子を嫌う家人が、文句も言わず食べていたのが不思議だ。
©名物に旨いものあり 2013