名物に旨いものあり

を実食
福島の桃
福島のもも あかつき(特秀)
Home > 福島の名物
/ クチコミ
JA新ふくしま
福島市北矢野目字原田東1-1

収穫期:7月下旬~9月上旬

種類:あかつき(これが主力)、ふくえくぼ、ゆうぞら

福島の桃

(福島)

 福島といえば、フルーツラインという道路(福島市の西側の吾妻連峰の山腹の約14km)があり、毎年、東日本女子駅伝が行われるので、テレビで見て、このフルーツラインが自然に頭に焼き付いたのである。実際にこの道を車で走ってみると、あちこちに「桃、もも、モモ」の看板が掲げられてあり「福島=桃」と脳裏に焼き付いてしまったのである。

 福島県の桃は生産量全国第2位(市町村では福島市が全国1位、2005年資料)で、収穫して光センサーで選果し、品質・糖度が揃った商品を出荷する、先進的な桃なのである。


 ある日、もらい物でとても大きな桃を貰った。しばらく眺め、香りを(鼻で)味わった後、恐る恐る食べてみたら、これがジューシーで物凄くおいしかったのだ。大きな桃はおいしくないのでは、と思っていたのだが、それがそうではなくおいしくて‥。そのことが今でも忘れられない、いや、そろそろ忘れそうでもある。

 桃は花のうちに選別し、木になる個数を調整し、大きく育てるそうだ。なるほど、うまい(高価な)はずだ。

p.s.
 福島の桃は、全てが大きいわけではない。(その年の出来にもよると思うが)2009年に「あかつき(特秀)」を食べてみると、意外と小ぶりであった。でも、特秀のあかつきは濃厚で、とっても美味しかったのじゃよ~。

メモ)
 桃は冷蔵庫で保管してはいけません(というか、そのシチュエーションを避けるべき)。桃は冷しきってしまうと、おいしくなくなります。本当です。自分は何度もこれで失敗致しました。冷やすなら、食べる直前に少しだけ‥。氷水で15分が一番おいしいとも‥。
→最近だと、アルミホイル保存

p.s.2
 桃の皮に見える点々(果点)は、甘い桃の証拠なんだと。あと、色は同じ場所で育ったものなら、赤い方が美味しいと‥。

p.s.3
 桃は触ると、そこから傷んでしまうそうで、品定めのために、店頭や桃狩りの桃畑において、触らないでほしいと‥。
©名物に旨いものあり 2005-17rw
投稿へ

福島の桃(福島)




コメント

「お願いがあります。桃はおさわり禁止です」

 今が旬の「桃」。その一大産地である福島県の果樹園がツイッターに投稿した内容が、話題となっています。

 ツイートは「お願いがあります。桃はおさわり禁止です。押すとそこから痛みます」というもので、リツイートは5万件、いいねは6万8000件を超えており、「桃を愛する者として許せません」「そんなことする奴いるんだ」「触るのダメなんですね」などの声が上がっています。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3662273

(投稿者 匿名 さん / 2018年07月12日)

JR東が福島産桃果汁100%飲料、「あかつき」品種のみ使った数量限定商品。

JR東日本ウォータービジネスは3月1日から、果汁飲料「福島あかつき桃」を数量限定で発売する。価格は170円(税込み)。

http://www.narinari.com/Nd/20160236298.html

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月25日)

福島自慢の桃を使用 缶チューハイをPR

県内で収穫された桃を使った缶チューハイのPRイベントが伊達市の農産物直売所で開かれた。
あすから、全国一斉に販売されるのはキリンビールの缶チューハイ「キリン氷結もも」で、去年、県内で収穫された桃のあかつきなどの果汁を使っている。
けさは桃の産地、伊達市の農産物直売所でPRイベントが開かれ、JA伊達みらいの安彦慶一組合が「この商品が発売される事で産地復興の後押しになる」と期待を示した。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月16日)

福島の土産にモモ ミスピーチらJR福島駅

県や福島市、全農県本部などでつくる、県くだもの消費拡大委員会(委員長・小林香福島市長)は19日、同市のJR福島駅で本県産のモモをPRした。
ミスピーチキャンペーンクルーの阿部彩さんら7人と狩野安則駅長らが、東京電力福島第一原発事故による風評を吹き飛ばそうと新幹線ホームでキャンペーンを繰り広げた。
東京方面に向かう新幹線の乗客に、甘さが自慢の地元産モモ「暁星(ぎょうせい)」を配った。
ミスピーチのメンバーは「福島のおいしいモモです。
お土産にどうぞ」と笑顔で語り掛け、モモを手渡していた。

(投稿者 匿名 さん / 2014年07月20日)

福島市が「納豆」「モモ」「ラーメン」の購入金額“日本一”

 とうほう地域総合研究所は25日、福島市の1世帯(2人以上)当たりの「納豆」「モモ」「ラーメン」3食品の購入額が日本一との調査結果を発表した。調査結果は、総務省が県庁所在地と政令指定都市で毎年実施している家計調査の2010(平成22)年~12年平均を基に、同研究所がまとめた。
 同研究所によると、納豆は同市の1世帯の購入金額が1年で5528円で、2位の盛岡市は5266円、3位の水戸市は5183円だった。福島市は納豆以外の大豆製品の購入額も4位となっており、同研究所は市民の健康志向の強さが表れていると分析している。
 モモは1世帯当たり6153円で、モモの主要産地で2位の岡山市の3642円、3位の甲府市の3126円を大幅に上回った。一方で、スイカは最下位だった。
 ラーメンは外食消費額が1万1345円で2位の山形市の11077円をわずかに上回ったものの、中華麺購入額は中位であることから、福島市民は「外食するならラーメン」という傾向が見られるという。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年11月26日)

桃、動脈硬化や心筋梗塞 予防効果あり

 和歌山を代表する特産品の桃に動脈硬化や心筋梗塞(こうそく)を予防する効能があることを、県立医科大(和歌山市)などでつくる共同研究グループが解明した。

 研究結果をまとめた論文は、イギリスの食品化学専門誌「フード・ケミストリー」に掲載された。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年08月01日)

福島の桃「おいしい」と両陛下

 福島県訪問中の天皇、皇后両陛下は23日、前日の大雨により県内で避難者が出たことなどの被害に配慮して日程を取りやめ、この日訪問予定だった同県桑折町の桃農家の人たちと福島市内のホテルで懇談、収穫された桃を食べられた。

(投稿者 アイムトン さん / 2013年07月23日)

googleで検索するとホームページが出てきましたよ。私も食べてみたくなりましたね。
でも、かなり高価ですね。一個だけ買えないものでしょうか。

(投稿者 どんたぬき さん / 2005年07月13日)

昨年初秋、福島県会津の知人から贈り物を頂きました。
生まれてこのかた、見たことの無いくらい大きな桃でした。小さいメロンくらい大きい桃でした。
「西王母」とか言う、福島県だけでしか採れない品種らしい。
とても甘くて、食味もまさに桃!って感じの良い香りのする桃でした。

後に知人に聞いたところ、渡辺農園という所から、購入したそうです。ホームページとか無いものですかね。

(投稿者 郡山出身 さん / 2005年07月13日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。