福島の名物、桃
福島の桃
福島のもも あかつき(特秀)
Home > 福島の名物
JA新ふくしま
福島市北矢野目字原田東1-1

収穫期:7月下旬~9月上旬

種類:あかつき(これが主力)、ふくえくぼ、ゆうぞら
福島の桃 (福島)

 福島といえば、フルーツラインという道路(福島市の西側の吾妻連峰の山腹の約14km)があり、毎年、東日本女子駅伝が行われるので、テレビで見て、このフルーツラインが自然に頭に焼き付いたのである。実際にこの道を車で走ってみると、あちこちに「桃、もも、モモ」と書いてあるので、やはり、桃を忘れることは出来ないのだ。

 福島県の桃は生産量全国第2位(市町村では福島市が全国1位、2005年資料)で、収穫して光センサーで選果し、品質・糖度が揃った商品を出荷する、先進的な桃でもある。


 ある日、もらい物でとても大きな桃を貰った。しばらく眺め、香りを(鼻で)味わった後、恐る恐る食べてみたら、これがジューシーで物凄くおいしかったのだ。大きな桃はおいしくないのでは、と思っていたのだが、それがそうではなくおいしくて‥。そのことが今でも忘れられない、いや、そろそろ忘れそうでもある。

 桃は花のうちに選別し、木になる個数を調整し、大きく育てるそうだ。なるほど、うまい(高価な)はずだ。

p.s.
 福島の桃は、全てが大きいわけではない。(その年の出来にもよると思うが)2009年に「あかつき(特秀)」を食べてみると、意外と小ぶりであった。でも、特秀のあかつきは濃厚でおいしかったなー。

メモ)
 (他のページにも書いていてクドいようですが‥)桃は冷蔵庫で保管してはいけません。桃は冷し続けると、おいしくなくなります。本当です。自分は何度もこれで失敗致しました。冷やすなら、食べる直前に‥。
©名物に旨いものあり 2005-14