名物に旨いものあり

二○加煎餅 を実食
にわかせんべい
にわかせんべい、二○加煎餅
Home > 福岡の名物
/ クチコミ
(株)東雲堂
福岡県福岡市博多区吉塚6丁目10-16

名称:焼菓子
品名:二○加煎餅
原材料:砂糖、小麦粉、鶏卵、膨張剤

賞味期限:約2ヶ月後だった

にわかせんべい

(福岡)

 博多の郷土芸能として、江戸・明治・昭和と受け継がれてきた、博多仁和加(はかたにわか、二○加と書くことも、*1)。これは全国の郷土芸能と同じく、テレビ時代と共に姿を消しつつ、現代に残る大衆文化であるのだそうな。その博多仁和加の”ひょっとこの半面のような”とぼけた面を模した煎餅が、この「二○加煎餅」なのである。んー、はたしてお味はどうか‥。

*1)愉快な表情のお面を着け、生粋の博多弁でしゃべり、面白いオチをつけて終わる郷土芸能なのだと。


 このお祭りっぽい派手な箱は、自分で買ったのに、なんだかお土産を貰った気になってくる。箱を開け、袋から煎餅を取り出してみると、おや? 顔の表情がそれぞれ違うみたいだぞ~。四角面のせんべいは、だいたい名刺サイズの大きさで(各社の製品の種類によりサイズ色々らしいけど)、それはよくある瓦せんべい系の色合いと香りである。

 その豊かな表情に恐れ入りながら、食べてみると、水飴を焦がしたような風味で、ビスケットより少し硬めの食感だ。うん、やはり瓦せんべいの感じかな~。地味だが、一度食べ始めるとなかなか止まらない。

 あ、箱の中に紙製のお面が入っていたよ~ん。これで遊んでくれたまえ、子どもたち~。
©名物に旨いものあり 2012-18rw
投稿へ

二○加煎餅(福岡)




コメント

1906年、博多駅長から「博多らしいお土産を」と頼まれて作ったのが始まり。関西で人気だった瓦煎餅を参考に「仁和加」の面の焼き印を押した。当時は鉄路の旅が長時間移動だったこともあり、日持ちの良さも決め手だった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30431890S8A510C1MLY000/

(投稿者 匿名 さん / 2018年05月13日)

博多で「ポムポムプリン」期間限定ショップ コラボ「にわか煎餅」も

 ポムポムプリンは、1996年に誕生したベレー帽をかぶったゴールデンレトリバーの男の子。人気投票企画「2015年サンリオキャラクター大賞」で1位に輝く人気を集めている。

 期間中、「東雲堂×ポムポムプリン コラボレーションにわか煎餅」(702円)や博多どんたくバージョンのぬいぐるみ(3,240円、4月18日発売予定)など、約300種の商品をそろえる。

http://hakata.keizai.biz/headline/2272/

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月17日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。