名物に旨いものあり

小城羊羹 を実食
小城羊羹
増田の小城羊羹・小倉
Home > 佐賀の名物
/ クチコミ
(株)増田羊羹総本舗
佐賀県小城市小城町255

品名:増田小城羊羹
主要原材料
1.< おぐら羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、小豆、赤色102号
2.< 抹茶羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、抹茶、黄色4号、青色1号
3.< 栗羊羹:煉餡 > 砂糖、寒天、栗甘煮(酸化防止剤)(ビタミンC)、クチナシ色素

小城羊羹

(佐賀)

 羊羹(ようかん)とは、考えてみれば変な名前だね。その元をたどれば、羊のスープに由来するので羊羹というらしい。羊羹には、寒天を固めた練り羊羹と、蒸した蒸羊羹(日持ちが悪く、あまり作られない)があり、この小城羊羹は練り羊羹の方である。

 小城地方で作られる羊羹のことを小城羊羹というのだが、小城地方でも今では色んな羊羹が作られている。その中で、袋に入れず、通気性の良い竹の皮で包んで売り出されたものが、昔ながらの小城羊羹なのである。この小城羊羹は、2,3日経つと周囲が白く糖化するのが特徴なのだ。


 箱から取り出した羊羹は、最初はキレイな表面の羊羹であったのだ。ところがこれを切ってみたら、思いがけず急に稲妻が走るように表面にひび割れが起き、小城羊羹独特の表情が現れたのだった。よく見れば表面は乾燥しているが、中はしっとりとしている。小倉という種類だったからか、あずきのツブツブも見えるぞよ。

 食べてみたところ、外側にシャリシャリの歯ごたえがあり、よく味わえば、小豆の風味がしっかりとしてきた。なんだか不思議な羊羹なのである。小豆がしっかりと丸ごと入っているところをみると、練り物と小豆を別々に作り、のちに融合させたに違いない。こりゃイケル、うまい。ゴタクは不要、食べてみるべし。

p.s.
 最近はこのような羊羹のことを「昔風味の小城羊羹」などとして売られているみたい。
©名物に旨いものあり 2005-17rw
投稿へ

小城羊羹(佐賀)




コメント

羊羹とコーヒー相性抜群、村岡社長が小城で解説

 イタリアのミラノで好評だった、小城羊羹(ようかん)とコーヒーの組み合わせで引き立つ甘みと苦みを味わうワークショップが18日、佐賀県小城市の交流施設「ゆめぷらっと小城」で開かれた。村岡総本舗の村岡社長は「羊羹もコーヒーも豆が原料。この組み合わせは相性が良く、豆が引き出す甘みと苦みをじっくりと楽しめる」と、約30人の参加者に“豆の力”を解説した。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/304369

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月23日)

小城の食材、市長と堪能 「うまかばい給食」

 給食で地産地消をアピールする「ふるさと食の日」が佐賀県小城市内の小中学校と幼稚園11施設であり、地元食材を使った「小城うまかばい給食」が子どもたちに振る舞われた。市長が牛津小を訪れ、児童と一緒に特別メニューを頬張った。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/278177

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月13日)

縁起物で受験乗り切れ 小城の13店舗・組合

 小城市内の13店舗・組合が今月から、受験や部活など「大一番」を控えた学生らを応援する縁起物商品を販売している。商品名や外装などに工夫を凝らした商品は、神社で祈願した御利益付き。企画した市観光協会は「小城の名物を楽しみながら、験を担いで勝利して」と購入を呼びかけている。

 市の銘菓「小城羊羹」を扱う天山本舗(小城市小城町)は、一口ようかんの包みにお守りのイラストを添え、「ようかん」にかけて「you can!(君ならできる!)」とあしらった。今月上旬、市内の中学3年生に無料配布され、その家族らを中心に評判が広がっているという。

(投稿者 匿名 さん / 2015年12月26日)

小城ようかん作り:岩松小4年生が挑戦

 地元の特産物を身近に知ろうと、小城市小城町の岩松小で23日、4年生約40人が小城ようかん作りに挑戦した。

 水田羊羹本舗の水田泰迪社長が10年以上前から同校児童にようかん作りを教えている。児童らは大鍋で寒天や砂糖、小豆を煮詰め、抹茶味やコーヒー味など4種類のようかんを作った。後日、児童たちで開く茶会に出される。

 鍋の小豆をかき混ぜた前田桃香さんは「焦げないように火加減を見るのが難しい。食べるのが楽しみ」と話した。

(投稿者 アイルトン さん / 2011年02月25日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。