青森の名物、大間産本まぐろ
大間まぐろ丼
大間産本まぐろ丼
Home > 青森の名物
/ クチコミ
大間漁業協同組合
青森県下北郡大間町大字大間字下手道59?3

本州最北端の港町
津軽海峡大間産一本釣り本マグロは10月~1月が漁期

大間まぐろ

(青森)

 今や超有名になった津軽海峡の大間産本マグロ。実は青函トンネルを掘っていた頃(1967-88)は、全くマグロが獲れなかったそうだ。その大工事が終わった後にマグロが獲れるようになったもので、その価値が認識され有名になったのも、つい最近のことなのである。

 そんなにそこでばかりで獲って大丈夫かと心配してしまうのだが、マグロは回遊魚なので、いつも津軽海峡にいるわけではない。主に日本海(太平洋側もあり)を北上してきたマグロが、津軽海峡に入り、荒波にもまれながら餌を捕らえ、10月頃に海峡に入る脂の乗ったサンマに食らい付き、丸々と太った大間マグロになるのだという。

 ちなみに、マグロは獲ってすぐよりも2日ぐらい後の方が、うまみ成分のイノシン酸が増えておいしいらしい。今日釣ったマグロは夜に輸送し、翌朝、築地市場でセリにかけられ店に並べられる。ちょうど良い訳だ。


 現地で、ホテルの昼食と、旅館の夕食、2箇所で食べてみた。

 片方(安いマグロ丼)は、鮮度が落ちたのか、’漬け’にしてあり、マグロ臭さが少しあり(尾の方なのか密集した)白いスジが硬くて食べられないマグロ、そんな状況であった。

 もう一方の旅館の夕食は、鮮度もよく、大トロ、中トロ、赤身と3種出され、どれもとても旨いのである。回転すし屋でトロを食べると生臭さを感じる私であるが、このトロは鮮度もよろしく、甘味さえ感じた。(貧乏な私は)大金を出してまで食べたいとは思わないが、今まで食べたマグロの中では一番旨いマグロ、間違いなし。
©名物に旨いものあり 2005-14