千葉の名物、落花生
千葉半立・落花生
天日乾燥・千葉半立・落花生
Home > 千葉の名物
広川商店
千葉県香取郡多古町十余三281-7

名称:豆菓子
品名:さや煎落花生・半立
原材料名:千葉県産落花生
品種:千葉半立
生産地・加工地:千葉県

旬は10~11月
メモ)
 ちなみに、落花生は畑から掘ったものを、そのまま塩茹でしたものも美味しいらしい。地元農家では、そうして食べているそうな。
千葉半立・落花生

 千葉の名産が落花生であることを、ご存知であろうか。私は一時、千葉県松戸市に住んでいたことがあり、帰省のお土産に、この落花生をよく買ったものだ。落花生にしては結構値が張るのだが、食べてみると、これが旨い。以後、千葉のお土産といったら、この落花生に決まっていた。

 土産屋さんで売られている落花生を見ると、真空パックでペタンと体積を小さくした袋で売られているのをよく見かける。しかし、よくよく見ると真空パックではなく、容積を小さくし、形を崩さないようにしているだけなのである。

 ちなみに、千葉県は国産落花生の7割を生産しており(2009年農水省資料)、その中でも八街市(やちまたし)が有名だ。品種は千葉半立(はんだち:千葉県が開発したもので、土の中で半分立っている)が主力。収穫後、天日干し(3日程)か機械乾燥し、更に念入りに焙煎(火で炒る)して出荷される。勿論、天日干しが旨いそうだ。


 袋から出してみると、見た目は黒ずんでいたり、不揃いだったり、自然その物の感じである。一つ割って食べてみると、香ばしくて旨い。よく見ると、中の茶色い薄皮の内側がオレンジ色だ。食べ始めると止まらないな~。

 普通に旨いように思えるんだけど、他の落花生と食べ比べると、本当に旨いことが分かるんだよね。だけどなかなか、その違いを分かってもらえないのが残念である。(‥最近は中国の落花生が、市場で幅を利かせておるのが目立つなー)
©名物に旨いものあり 2004-13