鳥取の名物、らっきょう
鳥取ラッキョウ
砂丘 たまり らっきょう
Home > 鳥取の名物
/ クチコミ
鳥取いなば農業協同組合
福部らっきょう加工場
鳥取県鳥取市福部町海士318

名称:らっきょう甘酢漬(たまり風味)
原材料:らっきょう(鳥取県産)
漬け原材料:糖類(砂糖、水あめ)、醸造酢、食塩、醤油、りんご酢、蜂蜜(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

収穫期:5~6月

らっきょう

(鳥取)

 ラッキョウといえば、カレーライスのお供。カレーライスにはその甘酢漬けがよく使われるが、ラッキョウ全体では塩漬けもよく食べられている。

 鳥取市福部町は全国有数のラッキョウの生産地。ここの特産品「砂丘らっきょう」は、鳥取砂丘の東側の砂丘畑で栽培され、8月に植えられ、10月中旬になると釣鐘状の紫の花を咲かせ、翌年5~6月頃に収穫期を向えるそうな。本格的にラッキョウ栽培を始めて100年。地元の家庭でよく食べられているのはもちろん、給食にもよく出されるのだとか。


 匂いをかいでみると甘い香りがし、とてもおいしそうなのだ。ラッキョウって、もっと酸っぱいツーンとする香りだったと思ったが‥。一個食べてみると、やはりラッキョウだが、ちょっと甘い風合いの奥深い味わい。こりゃ旨い。今までラッキョウだけで、ご飯を食べたことはなかったが、これならご飯も旨し。こりゃ酒のつまみにもピッタリだね。う~ん、旨いものは旨いなー。このたまり醤油の味が、日本の心を感じるね。

 でも、あまり食べ過ぎると、口の中がちょっと‥。やはり、薬味的に程ほどに食べるべきなのだろう。

メモ)
 ラッキョウは、生でそのままパリパリ食べても美味しいそうで、ネギのように刻んでご飯にかけ、鰹節、生卵をかけるとラッキョウ丼になるんだとか。フライパンで炒めたラッキョウ焼きも旨いそうだ。
 普通のラッキョウも鳥取のラッキョウも、細長い部分を切り捨てて太い部分をラッキョウ漬けにしているが、何故か沖縄の「島らっきょう」は、長いまま全部食べるのだよね。
©名物に旨いものあり 2005-14