名物に旨いものあり

らっきょう を実食
鳥取ラッキョウ
砂丘 たまり らっきょう
Home > 鳥取の名物
/ クチコミ
鳥取いなば農業協同組合
福部らっきょう加工場
鳥取県鳥取市福部町海士318

名称:らっきょう甘酢漬(たまり風味)
原材料:らっきょう(鳥取県産)
漬け原材料:糖類(砂糖、水あめ)、醸造酢、食塩、醤油、りんご酢、蜂蜜(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

収穫期:5~6月

らっきょう

(鳥取)

 ラッキョウといえば、カレーライスのお供。カレーライスにはその甘酢漬けがよく使われるが、ラッキョウ全体では塩漬けもよく食べられている。

 鳥取市福部町は全国有数のラッキョウの生産地。ここの特産品「砂丘らっきょう」は、鳥取砂丘の東側の砂丘畑で栽培され、8月に植えられ、10月中旬になると釣鐘状の紫の花を咲かせ、翌年5~6月頃に収穫期を向えるそうな。本格的にラッキョウ栽培を始めて100年。地元の家庭でよく食べられているのはもちろん、給食にもよく出されるのだとか。


 匂いをかいでみると甘い香りがし、とてもおいしそうなのだ。ラッキョウって、もっと酸っぱいツーンとする香りだったと思ったが‥。一個食べてみると、やはりラッキョウだが、ちょっと甘い風合いの奥深い味わい。こりゃ旨い。今までラッキョウだけで、ご飯を食べたことはなかったが、これならご飯も旨し。こりゃ酒のつまみにもピッタリだね。う~ん、旨いものは旨いなー。このたまり醤油の味が、日本の心を感じるね。

 でも、あまり食べ過ぎると、口の中がちょっと‥。やはり、薬味的に程ほどに食べるべきなのだろう。

メモ)
 ラッキョウは、生でそのままパリパリ食べても美味しいそうで、ネギのように刻んでご飯にかけ、鰹節、生卵をかけるとラッキョウ丼になるんだとか。フライパンで炒めたラッキョウ焼きも旨いそうだ。
 普通のラッキョウも鳥取のラッキョウも、細長い部分を切り捨てて太い部分をラッキョウ漬けにしているが、何故か沖縄の「島らっきょう」は、長いまま全部食べるのだよね。
©名物に旨いものあり 2005-14
投稿へ

らっきょう(鳥取)




コメント

「砂丘らっきょう」通年供給

JA鳥取いなば(谷口節次組合長)が鳥取市福部町海士に整備を進めていた「福部らっきょう加工センター」が完成し、5日に生産者や関係者がテープカットなどをして完成を祝った。

(投稿者 匿名 さん / 2018年03月06日)

砂丘らっきょう、出荷額が過去最高に

 鳥取県特産の「砂丘らっきょう」の今季(2016年)の出荷額が約10億7000万円で前年同期比37%増となり、過去最高だったことが10日、県のまとめで分かった。「砂丘らっきょう」は今年3月、国が地域ブランドとして保護する「地理的表示(GI)」に登録された。県はブランド力が向上したことが背景にあるとみる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05934490Q6A810C1LC0000/

(投稿者 匿名 さん / 2016年08月12日)

大きさ、数量とも良好 砂丘ラッキョウ収穫始まる

 ふくべ・鳥取砂丘らっきょうの初出荷を目前に控えた21日、鳥取市福部町でラッキョウの収穫が本格的に始まり、五月晴れの青空の下で、生産者らが収穫作業に汗を流した。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月22日)

地理的表示に「鳥取砂丘らっきょう」追加登録 農水省

 農林水産省は10日、地域の農林水産物ブランドを国が保護する地理的表示(GI)に「鳥取砂丘らっきょう・ふくべ砂丘らっきょう」を登録したと発表した。水分が少ない砂丘の特性を生かし、しゃきしゃきとした食感で一大産地になっていることなどが評価された。GIは昨年12月に登録を始め、これまでに夕張メロンや神戸ビーフなどを認定している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H2O_Q6A310C1EE8000/

(投稿者 匿名 さん / 2016年03月11日)

ラッキョウ漬け若者に、キャラカレーでアピール

 ラッキョウの漬物などを製造販売する「泊綜合とまりそうごう食品」(鳥取市)が、鳥取大の学生らと「キャラクターカレー」を共同開発し、販売している。

 ラッキョウの甘酢漬けをセットにしたレトルト商品で、オリジナルキャラを作って商品名と包装に取り入れた。若者にラッキョウ漬けをアピールするのが狙いで、ネット上でも評判になりつつある。

(投稿者 匿名 さん / 2016年02月01日)

新名物はらっきょうの佃煮

鳥取砂丘近くのドライブイン「砂丘会館」が放つオリジナル土産品はいずれも個性が強い。今の一押しは砂丘名物・らっきょうの佃煮、その名も「らっ佃。」だ。

らっきょうを甘辛く炊いたもので、ごはんのお供として重宝されそう。食感も残っており、おつまみにも合う。価格は550円。

http://www.travelnews.co.jp/special/west/14/tottori/13.html

(投稿者 アイムトン さん / 2014年04月18日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。